« ASEAN4+CHINA | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/1時点)-ドルからの逃避- »

March 03, 2011

日銀のREIT買取ペースは遅い

Gcexe日銀は昨日2日、ETFを159億円、REITを18億円購入しました

ETFは7回目、REITは3回目。
REITの3回は、いずれも指数1100近辺での購入です。

累計ではETFが1022億円と、予算4500億円の23%。


一方、REITは予算500億円に対して64億円と13%の消化。

昨年12月15日からおよそ3ヶ月弱(4分の1年)ですから、ETFはほぼ期間経過と同じペースですが、REITは執行ペースが遅れています。

逆に言うと、今後もしREIT指数が低迷した際の下支え予算は大きいということになります。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« ASEAN4+CHINA | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/1時点)-ドルからの逃避- »

Comments

こんばんは。

相対的なリート買取出遅れの理由をいかがお考えでしょうか?割高感か内需遅効性の認識かこのあたりでしょうか。。

Posted by: blue | March 05, 2011 09:03 PM

日銀も気にしているのか、このBLOGを読んでいるのか、珍しく次の3日も18億円買いました。
ETFに比べてREITの予算執行が遅れていることに特段の理由は無いんだろうと思っています。
REITは安くなれば利回り感で地銀等が買って来るとわかっているので底割れの心配は無く、枠が余っても良いくらいに構えているのではないでしょうか。
長期金利に対して3%以上もイールドギャップがあるリートなど日本くらい。
外人から見ると、日本人がJ-REITを買わずに、わざわざ為替リスクのある海外リート投信を買うのが不思議でしょうね。

Posted by: akazukin | March 05, 2011 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ASEAN4+CHINA | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/1時点)-ドルからの逃避- »