« シカゴ筋ポジションの確認(3/29時点) | Main | 米国不動産市場はまだ冷えている »

April 02, 2011

ASEAN+1+DOW

Z_2ベトナム以外は、すっかり立ち直り。
新興国敬遠ムードは2月初旬が底だったようです。

3ヶ月ベースでは、DOWの上昇幅に追いつきそうです。


円高を阻止した協調介入は、思惑通り世界の株式市場に朗報。

避難通貨から本来の調達通貨に戻った円は、安心して海外のリスク資産への投資に向かっています。

日本の投資家も円安で手元に余裕が出てきました。

4月になって企業の過剰自粛ムードの終了、個人の節約疲れの反動も予想され、資産効果による消費の戻りが一定程度期待できます。

リビア、ポルトガル、フクシマ問題も影響は限定的との解釈が広がり、DOWは年初来高値。

そもそも84円は円安というには程遠い円高水準で、1年前は90円以上でした。
円安の弊害を語るというよりは、当面は堂々とドル安の訂正を主張して良いような気はします。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(3/29時点) | Main | 米国不動産市場はまだ冷えている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(3/29時点) | Main | 米国不動産市場はまだ冷えている »