« 価格統制に乗り出した中国当局 | Main | 我々に自粛している余裕などあるのか »

April 03, 2011

「Buy Japan Now」でグーグル1位

040301本ブログ左上の「人気記事ランキング」は、過去1ヶ月のアクセス数上位を掲示しています。

現在の一位は「Buy Japan Now」。

グーグルで上位になっているのではないかと確認してみると、「Buy Japan Now」で検索される約782,000,000件の中で、本家バロンズを凌いで第1位。

この大きなタイトルでトップになったのは、名誉なことです。
読者の皆様の日頃のご支援に、心より感謝いたします。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 価格統制に乗り出した中国当局 | Main | 我々に自粛している余裕などあるのか »

Comments

こんにちは。

ライブドアショック以来、長らく株式市場とは距離を置いてまいりましたが、akazukinさんの“大儀”に共感し、のこのこと戻って参りました。今思えば、当時の私は、一時の損益に一喜一憂し、市場の荒波に身を任せるだけの木の葉のような存在でした。今もそれは変わりませんが、参戦の動機は大きく異なります。

自分なりに勉強を重ねた上で、「この銘柄は悼んだ方々の力となる」「この会社になら転職を考えてもいい」など、色々考えた末、某日本株を、小規模ながらも購入しました。考えに考え、十分に納得した上での選択です。共に散るならば仕方無し。報われたならば、得たものをさらなる協力のための糧とします。あの頃とは違います。揺らぎません。

本当に、本っ当ーに微力ではありますが、akazukinさんの思いの実現に一役買えたら大変嬉しく思います。陰ながら、akazukinさんを応援しております。どうかあまり無理なさらず、ご自愛ください。

Posted by: 小豆 | April 04, 2011 05:51 PM

小豆さん、こんにちは。
今この時に必要とされる企業であれば、きっと報われるかと思われます。
なお、老婆心ながら申し上げておきますが、株式と心中する義理は全く無いので、自分の想定したストーリーと違ってきた場合は、あっさりと見切るのも有効な処世術と私は考えています。
利益あっての理念です。

Posted by: akazukin | April 04, 2011 08:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 価格統制に乗り出した中国当局 | Main | 我々に自粛している余裕などあるのか »