« なぜミューザ川崎は崩壊したのか | Main | AEAN4+1 »

May 21, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(5/17時点)

           (5月17日)  (5月10日)  (増減)
カナダドル       26291    37203  -10912
スイスフラン      15661    16336   -675
ポンド         ▲928     18118  -19046
円           15373     13054   +2319
ユーロ         41645     61447  -19802
NZドル        12624     13714   -1090
豪ドル         50919     60321   -9402

円を除き、上記全ての通貨に対してドル買い、即ちポジションの巻き戻しが続いています。
商品相場の調整をはじめとする利益確定および損切りによるリスクオフ心理が優勢であり、出てくる経済指標も一進一退のため、不安定な低空飛行相場となっています。

FRBの出口戦略も、具体化はまだ先のムードがあり、ドル円は目先の82円が強い壁。
前進を阻まれています。

そんなこんなで、株式も冴えず、欲求不満の流動性がIPOに集中してLNKDが過熱。

まあ、一般投資家は夏休みの計画などを考えながら、のんびり構えていれば良い季節のようです。

去年の5月にも、同じようなことを書いたかもしれません。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« なぜミューザ川崎は崩壊したのか | Main | AEAN4+1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なぜミューザ川崎は崩壊したのか | Main | AEAN4+1 »