« April 2011 | Main | June 2011 »

May 29, 2011

チープマネーは世界を巡る

FTの「Urbanisation and cheap credit fuel growth」という記事に、左下のグラフが載っています。
4f960318851a11e0871e00144feabdc0
上は中国5大都市(注:北京・天津・上海・広州・重慶と思われます)、香港、シンガポール、韓国の住宅価格推移ですが、中国5大都市の価格が2009年から2010年初めにかけ、暴騰しています。

下の図は、コモディティが豊かな国を選び、それらの国の住宅価格推移を比べたもの。
「コモディティ・リッチ」として選ばれた国は、インド、南ア、豪、メキシコ、加、ブラジル。
(注:インドとメキシコは世界基準ではコモディティ・リッチなのでしょうか?)

Continue reading "チープマネーは世界を巡る"

| | Comments (0)

May 28, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(5/24時点)

           (5月24日)   (5月17日)   (増減)
カナダドル       21277      26291  ▲5014
スイスフラン      14725      15661  ▲936
ポンド        ▲14143      ▲928  ▲15071
円           8006       15373  ▲7367
ユーロ         19129      41645  ▲22516
NZドル        13876      12624   +1252
豪ドル         53043      50919   +2124

全体的には、いまだリスクオフ心理によるポジション解消が続き、ユーロロングや円ショートも減少しています。
但しオセアニア通貨に買戻しが見られるように、そろそろ反発を探る動きもあります。

「Sell in May」の後遺症から、少しずつ立ち直りを見せているところ、といった印象です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/24時点)"

| | Comments (0)

May 22, 2011

AEAN4+1

Aseanzほぼ予想されたことですが、ベトナム株の下げが加速しています。

4月のCPIは前年同月比+17.51%。
3月の+13.89%を上回り、前月比でも+3.3%。

中銀は5月4日にレポ金利を13→14%、17日に14→15%と、矢継ぎ早に引締めに動いていますが、効果があるとは思われていないようです。

Continue reading "AEAN4+1"

| | Comments (0)

May 21, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(5/17時点)

           (5月17日)  (5月10日)  (増減)
カナダドル       26291    37203  -10912
スイスフラン      15661    16336   -675
ポンド         ▲928     18118  -19046
円           15373     13054   +2319
ユーロ         41645     61447  -19802
NZドル        12624     13714   -1090
豪ドル         50919     60321   -9402

円を除き、上記全ての通貨に対してドル買い、即ちポジションの巻き戻しが続いています。
商品相場の調整をはじめとする利益確定および損切りによるリスクオフ心理が優勢であり、出てくる経済指標も一進一退のため、不安定な低空飛行相場となっています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/17時点)"

| | Comments (0)

May 16, 2011

なぜミューザ川崎は崩壊したのか

O0500033311114965589首都圏の主要な施設で、ここまで無残に壊れたのは珍しいというか、一体どうしたんでしょうか、というくらい崩落しています。

川崎市は、復旧工事の完了は2012年度末、復旧工事費20億~30億円を6月補正予算に盛り込むと発表しました。
順調に行って、全治2年間ということです。

Continue reading "なぜミューザ川崎は崩壊したのか"

| | Comments (0)

May 15, 2011

ストロス・カーンIMF専務理事が逮捕

225pxstrausskahn_dominique_officialびっくり仰天のスキャンダルです。

ストロス・カーンはフランス人ですが、何だかドイツっぽい名前。
「Strauss-Kahn」というスペルですが、ユダヤ系の人だそうです。

Continue reading "ストロス・カーンIMF専務理事が逮捕"

| | Comments (0)

May 14, 2011

ああ言えば枝野

Tky201105130271記者「この賠償支援の仕組みですが、官房長官が従来から主張されていた、国民負担を回避していることになりますか」
枝野「公的資金の投入を最小限に抑え、かつ被災者への支援を滞らせないために、このスキームが最善と考えました」

Continue reading "ああ言えば枝野"

| | Comments (2)

シカゴ筋ポジションの確認(5/10時点)

           (5月10日)   (5月3日)  (増減)
カナダドル       37203     54041    -16838
スイスフラン      16336     18381    -2045
ポンド         18118     30807     -12689
円           13054    ▲18819     +31873
ユーロ         61447     99516     -38069
NZドル        13714     12800      +914
豪ドル         60321     73421     -13100

為替・株式・商品市場は、恒例の「sell in May」状態。
全てのリスクオンポジションは縮小しています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/10時点)"

| | Comments (0)

May 11, 2011

なぜ日本の政治は非常時に機能しないのか

国家最大の非常時は戦争です。
従って、戦争回数が多いほど、非常時に関する国民的経験値は高くなると考えるのが自然です。

欧州諸国は概ね3000年間、国家間の戦争を経験し、非常時の訓練を豊富に積んでいます。

アメリカは建国から僅か235年ですが、独立自体が戦争でしたし、政治の中心にいるのは欧州からの移民の子孫たちです。

Continue reading "なぜ日本の政治は非常時に機能しないのか"

| | Comments (2)

May 09, 2011

浜岡原発を止めたことの資本主義的意味

今日、中部電力は二回目の取締役会を開き、政府要請に従い、浜岡原発の停止を決定しました。

止めること自体に私は反対ではありません。

しかしながら中電取締役会は、政府の要請と株主の利益の板ばさみとなり、政府の要請に従うことが長期的には株主の利益になる、という苦しい理屈で株主訴訟に臨むことを覚悟させられたことになります。

これは、そもそも取締役会の決定事項としては想定外。

裏返せば中部電力取締役会は、民間企業としては荷が重過ぎる判断を迫られ、株主ではない者からの要請を優先することで、独立した意思決定機関としての限界を露呈しました。

Continue reading "浜岡原発を止めたことの資本主義的意味"

| | Comments (3)

May 07, 2011

リバランスする

毎度お約束のミニバブル崩壊で、異常な高騰を続けていた銀を中心に、原油などコモディティの調整が進みました。
但し、金は新興国の実需もあり、何だかんだ言ってシブトイんだろうなと思っています。

日本株は大崩れはしないでしょうが、自動車などは想定以上に回復が長引く印象があるので、一部は利確しました。
再生可能エネルギー関連銘柄等は中長期で取り組むべきかと考えます。

Continue reading "リバランスする"

| | Comments (2)

シカゴ筋ポジションの確認(5/3時点)

           (5月3日)   (4月26日)    (増減)
カナダドル       54041      59063   ▲5022
スイスフラン      18381      17841   +540
ポンド         30807      33583    ▲2776
円          ▲18819     ▲36997   +18178
ユーロ         99516      68279   +31237
NZドル        12800      11457    +1343
豪ドル         73421      80867   ▲7446

今週の為替市場は、資源通貨安、円高、ユーロ下げといった方向で、リスクポジションのやや大きめの調整が進みました。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/3時点)"

| | Comments (0)

May 05, 2011

中途半端な自粛が環境汚染を生む

4月上旬
「あなた、今年のGWはどうするの?」
「何しろ今年はこういった状況だから、家で大人しくしていよう」
「そうね」

GW直前
「ディズニーシーも再開したし、ホテルや旅館の直前予約は伸びてるらしいな」
「そうね、去年より安いみたいだし」

Continue reading "中途半端な自粛が環境汚染を生む"

| | Comments (0)

鈍行列車のアジア旅

51tqxdxezql_aa500_先日貶(けな)した朝日新聞ですが、そのエンタメサイトに「どらく」というのがあり、この中の「クリックディープ旅」というトラベルシリーズが結構好きで、更新を楽しみにしています。

さらにその中の「世界鈍行列車編」を文庫化したのが、「鈍行列車のアジア旅」

Continue reading "鈍行列車のアジア旅 "

| | Comments (0)

May 04, 2011

株が美人投票なら為替は何か

ケインズが、「株式相場は美人コンテスト」と言ったのは有名な話です。

「美」という概念は、古来から数式化したいという情熱の対象でした。
黄金比率美人説、バストウェスト10:7説など、様々な定量化が試みられています。

株式にも一定のバリュエーションがあります。
PER、PBR、配当利回り、EBITDAなどなど。

美人も株式も、数学的アプローチが一定程度は有効です。

Continue reading "株が美人投票なら為替は何か"

| | Comments (2)

May 03, 2011

なぜ今、オバマはビンラディン殺害を決断したのか

報道によれば昨年夏からアメリカは情報を掴んでいたようです。

「ビンラディンは100万ドルの豪邸にいた」とアメリカ側は印象付け、神格化された革命指導者のイメージダウンを図ろうとしています。

事実として、パキスタンの首都イスラマバードから僅か60kmで、家族と一緒に生活していたことには驚きました。

闇に紛れて山岳地帯の洞穴を転々としている、のではありませんでした。

Continue reading "なぜ今、オバマはビンラディン殺害を決断したのか"

| | Comments (0)

証拠改竄 特捜検事の犯罪

私は朝日新聞が嫌いです。
いまだに親中国共産党の残骸が残り、放射能汚染に関しては異常なほど扇情的でした。

朝日と産経、両方読まないとバランスが悪いという法則は今も有効だと思われます。

とはいえ、完全な組織がないのと同様、全てが腐っている訳もないので、紙媒体では通常、日経と朝日を読んでいます。

朝日新聞大阪本社による、前田元検事のFD改ざんスクープのドキュメントが、「証拠改竄 特捜検事の犯罪」です。

Continue reading "証拠改竄 特捜検事の犯罪"

| | Comments (0)

May 01, 2011

中国社会はどこまで持続可能か

先週、中国で2010年国勢調査の結果が出ました。
調査員600万人が4億世帯を訪問する、10年に一度の大イベントです。

人口は増加ペースが前回(2000年)より鈍化したとはいえ、10年で7400万人増えて13億4千万人。

大きな特徴は高齢化で、60歳以上が13%と3%上昇。
一人っ子政策により、14歳以下人口は1990年の28%から16.6%に激減。

日本より10歳ほど低い平均寿命や年金制度の未成熟さなどを考えれば、既に日本と同様の介護問題が発生していることも頷けます。

Continue reading "中国社会はどこまで持続可能か"

| | Comments (0)

青森を朝6時に出ると何時に鹿児島に着くのか(2)

Img_960437_18953942_7青森を朝6時に出ると何時に鹿児島に着くのか」によれば、
青森を朝6時10分発の「はやぶさ4号」に乗って、東京9時24分の「のぞみ219号」、新大阪12時59分の「さくら557号(N700系)」と乗り継いで、鹿児島中央駅に17時13分到着。

新大阪での乗り継ぎ時間は43分間と余裕のスケジュールでした。

ところが何としたことか、九州新幹線開通3月12日の前日に震災が発生し、幻のダイヤとなってしまいました。

現在は、そもそも青森発の「はやぶさ」が1日に1回16時台のみですので、現行ダイヤによって書き直しておきます。

Continue reading "青森を朝6時に出ると何時に鹿児島に着くのか(2)"

| | Comments (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »