« May 2011 | Main | July 2011 »

June 25, 2011

震災で伸びるクレジットカード

Amao274_jcredi_ns_20110622140701左のグラフを見ると、日本人のカード使用額は着実に増えており、またWSJの「MUFG Credit-Card Unit Sees Post-Quake Business」によると、震災はカードビジネスに大きなチャンスをもたらしているようです。

理由は、電力不足や外出自粛によるオンラインショッピングの増加。
さらには最近の円高傾向も、ネットによるお買い物を後押し。

Continue reading "震災で伸びるクレジットカード"

| | Comments (2)

上高地がちょっと心配

2011062499231617土砂崩れのため上高地に足止めされていた観光客約800人は、いまだ車が通れない現場付近を徒歩で通過し、昨日無事下山しました。

あまりにポピュラーな観光地ですが、山は山。
あらためて自然のリスクを思い起こさせました。

上高地は大好きな場所で、かつて交通規制が今ほど厳しくなかった頃には、帝国ホテルまで直接マイカーで乗りつけました。
ついでに言うと、乗鞍スカイラインをCR-Xでかっ飛ばしたこともありますが、どちらも不可能になりました。

Continue reading "上高地がちょっと心配"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(6/21時点)

        (6月21日)   (6月14日)  (増減)
カナダドル    2204      18855   ▲16651
スイスフラン   11813     13287   ▲1474
ポンド      ▲11360    11226   ▲22586
円         32594     24768   +7826
ユーロ      29771     49894    ▲20123
NZドル     18849     19218     ▲369
豪ドル      54571     67670    ▲13099

言うまでもなく、クロス円ロングではなかなか利益が出ない状況です。
特に今週はIEAの備蓄放出による原油価格の下落が資源通貨のポジション解消へと波及し、人気の豪ドル円も軟調でした。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/21時点)"

| | Comments (0)

June 18, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(6/14時点)

             (6月14日)  (6月7日)   (増減)
カナダドル        18855     13522    +5333
スイスフラン       13287     16865    -3578
ポンド          11226     ▲1750    +12976
円            24768     17631     +7137
ユーロ          49894     51836     -1942
NZドル         19218     16004     +3214
豪ドル          67670     65205     +2465

アメリカの景気減速、中国の金融引締め、ギリシャ債務問題などが重しになり、為替市場は引き続きリスクオフが優勢の展開です。

但し、個別のポジションを見ると、ドル回帰一辺倒ではなく、カナダドルやオセアニア通貨はロング増加。
経済指標等を見ながら一進一退の状況が続いているといったところでしょうか。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/14時点)"

| | Comments (0)

June 12, 2011

中国不動産バブルは終わるのか

最近の海外メディアでは、中国の住宅バブルは終わるとの観測記事が増えています。

P1bb090_cprop__ns_20110608174203根拠となっているのは、例えば左のグラフ。
WSJの「The Great Property Bubble of China May Be Popping」に掲載された中国9大都市の住宅価格です。

前年比-4.86%という数字には、政府が強力に推し進めている低廉住宅「保障房」のデータが含まれている可能性があり、フェアな数値かどうか疑問がありますが、こうした「公営住宅」の供給が既存住宅のバブル崩壊のきっかけを作ることも有り得ます。

(注)保障房とは、最低所得者向けの廉租房(低額賃貸住宅)、低所得者向け分譲住宅の経済用房(経済適用住宅)、中間所得者向け分譲住宅の限価房(低価格分譲住宅)。

Continue reading "中国不動産バブルは終わるのか"

| | Comments (0)

June 11, 2011

AEAN4+2

ZASEAN4ヶ国(タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア)に中国とブラジルを加えた3ヶ月チャート。

NYDOWの6週連続安に象徴されるように、投資家の気持ちは楽観の修正に動いています。

インドネシア、マレーシアのイスラム圏はプラスで頑張っているものの、タイ、中国、ブラジルがマイナスに転落しました。

Continue reading "AEAN4+2"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(6/7時点)

            (6月7日)    (5月31日)  (増減)
カナダドル       13522      26402  ▲12880
スイスフラン      16865      21119  ▲4254
ポンド        ▲1750      ▲1829     +79
円           17631      ▲1648   +19279
ユーロ         51836      21970   +29866
NZドル        16004      15724     +280
豪ドル         65205      60015    +5190

今週は特に後半、株も商品も弱く、全体にリスクオフの姿勢が継続、というより加速しつつあると見た方が良いかもしれません。

個別のポジションでは、カナダドルロングが半減してUSドルに回帰。
ユーロは大きく買いが増えていますが、この後ギリシャ不安再燃で減っているはず。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/7時点)"

| | Comments (0)

June 05, 2011

AEAN4+2

Asean6ASEAN4ヶ国(タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア)に中国とブラジルを加えた3ヶ月チャートです。

首位はインドネシア。
一時は、インフレ懸念で調整しましたが、総体的には経済運営が上手く行っていると評価されているようです。

一番下のベトナム。
もっとズタズタに崩壊するシナリオも想定されましたが、どうにか反発。
とはいえ、相変わらず断トツのマイナスパフォーマンス。

Continue reading "AEAN4+2"

| | Comments (0)

June 04, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(5/31時点)

           (5月31日)   (5月24日)  (増減)
カナダドル      26402      21277   +5125
スイスフラン      21119      14725   +6394
ポンド        ▲1829     ▲14143   +12314
円          ▲1648      8006    ▲9654
ユーロ         21970     19129    +2841
NZドル        15724     13876    +1848
豪ドル        60015      53043    +6972 

ドルからの逃避行動としてのスイスフラン買い、リスクオンとしての資源通貨買いなどの行動が混在しています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/31時点)"

| | Comments (0)

June 03, 2011

米国住宅価格は底に達したか

762619648ba011e0a72500144feab49aFTの「Housing market: renting on the rise」が示す左上のグラフは、値下がりした住宅と上昇した家賃の相関性。
左下は賃貸に住む人の比率で、31%をボトムに34%。

金融危機後、持ち家をあきらめて賃貸派が増えるに従って家賃が上昇し、ついにローン支払いと同じになったのです。

Continue reading "米国住宅価格は底に達したか"

| | Comments (0)

June 02, 2011

恐くてNYのホテルには泊まれない?

Pierrehotelnewyork007「Egyptian banker Mahmoud Abdel Salam Omar arrested on sex charges」

この記事に出てくるOmar氏は、あのDSK(IMF前専務理事ストロスカーン容疑者)から極秘情報を打ち明けられていた、という報道もあるようです。

なお、Omar氏はイスラム教徒であり、74歳という高齢。 

Continue reading "恐くてNYのホテルには泊まれない?"

| | Comments (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »