« June 2011 | Main | August 2011 »

July 30, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(7/26時点)

         (7月26日)  (7月19日)  (増減)
カナダドル     36141     27764   +8377
スイスフラン    7877      11494   ▲3617
ポンド        1222     ▲6714   +7936
円          51302     42155   +9147
ユーロ       17038      9246   +7792
NZドル       23291     21438   +1853
豪ドル       81438      77795   +3643

アメリカの債務上限法案を巡る議会の混乱、米国経済回復の遅れを示す指標。
この二つでドル売りが進んだというのが今週の為替市場の基本構図です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/26時点)"

| | Comments (0)

July 24, 2011

ついにライブドア(現LDH)が解散か

上場企業であったライブドアは、事件後ライブドアホールディングスとなり、今はLDH社。

現在あるライブドアは2007年に新設されてネット関連事業を引き継ぎ、今は韓国最大のインターネットサービス会社NHNの日本法人NHNジャパンの子会社となっています。

LDHの筆頭株主であるモルガンスタンレーMUFG証券が会社の解散を要求し、8月5日に株主総会が開催されることになりました。
Sn3s0172左は、金曜日に届いた招集通知です。

Continue reading "ついにライブドア(現LDH)が解散か"

| | Comments (2)

July 23, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(7/19時点)

         (7月19日) (7月12日) (増減)
カナダドル    27764     15334   +12430
スイスフラン   11494     8081    +3413
ポンド      ▲6714    ▲24801   +18087
円         42155    28288    +13867
ユーロ       9246     12416   ▲3170
NZドル      21438     19584   +1854
豪ドル       77795     67623   +10172

ギリシャ問題等で振幅が激しいユーロを除くと、全ての通貨でドル売りが強まる傾向となっています。

これをリスクオンの姿勢が強まっている、という定番パターンで語って良いようには見えません。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/19時点)"

| | Comments (0)

July 22, 2011

美術館は混んでいる

20110705102258今日は久々の有休だったので、国立西洋美術館(上野)で開催されている「大英博物館 古代ギリシャ展」を見てきました。

充実した内容と言えると思いました。
平日だからマシな方なのでしょうが、かなりの混雑でした。

しかしながら、これだけ文化豊かだったギリシャが、今では世界経済に混乱をもたらす元凶となっていることにある種の感慨を覚えました。
日本もこうなってしまうのでしょうか。

なお、大型の彫像は、ほとんどがローマ時代のコピーですので、心して行ってください。
オリジナルのブロンズ像の多くは、溶かして武器になったようです。

Continue reading "美術館は混んでいる"

| | Comments (0)

July 21, 2011

なぜ誰もリニア反対と叫ばないのか

Linear1現在、新幹線「のぞみ」で、東京(品川)-名古屋は90分。
今さらそれが半分になったからって、So What?

私の周囲では、そう言う人が圧倒的です。

大阪までの建築費9兆円、維持費は新幹線の2倍の年間3000億円。

JR東海は自己資金で建設可能と主張していますが、そもそも現在の利益水準は旧国鉄全体で26兆円あまりの借金を、ほぼ国民負担として切り離したからこそであり、余剰資金は極力還元するのが筋です。

巨大プロジェクトは利益還元圧力をかわす材料ではないかという穿った見方も出来ます。

Continue reading "なぜ誰もリニア反対と叫ばないのか"

| | Comments (3)

July 19, 2011

国家と国民の甘えた関係

Au0060lnb金価格が急伸して1600$超。
ペーパーマネーの乱発を懸念しているものと思われます。

ケネディ就任演説から今年でちょうど50年。
政府と国民の自立した関係を訴えたJFKの想いとは逆に、国民は政府に依存し、政府は人気取り政策に追われています。

「おねだり」と「ポピュリズム」のキャッチボールで、各国は借金を重ねました。

Continue reading "国家と国民の甘えた関係"

| | Comments (4)

July 18, 2011

あきらめない「なでしこジャパン」、精神力で頂点に立つ

201107181148691l_2しびれる試合展開でした。

前半の日本は出足から内容が悪く、アメリカのプレッシャーに負けて無理な縦パスを試みては相手ボールになる繰り返し。
スピード、パワー、そして得意のパスワークでも明らかにアメリカチームに劣り、これではとても勝利に値しないと悲観して見ていました。

この45分間で0-2となり、試合が決まってしまう可能性も十分ありました。
そうならなかったのは、今回の「なでしこ」にはサッカーの神様が味方する十分な理由があったからとしか言いようがありません。

Continue reading "あきらめない「なでしこジャパン」、精神力で頂点に立つ"

| | Comments (0)

July 16, 2011

左サイドバック鮫島は欽ちゃん走りだった

13105283255cbf4c1d26d330e97ac1781b4今や国民的関心事となった女子サッカーW杯。
日本中が「にわかなでしこファン」でいっぱいです。

女子サッカーの試合をフルに見ることなど初めてですが、正直言ってそのレベルの高さに驚きました。

欧米メディアから「女バルサ」とも呼ばれるそのチームスタイルは、日本が世界に勝つにはこれしかないだろうと言われている「パス・コンビネーション型」。
短いパスを繋いでビルドアップし、両サイドからの攻撃参加に中央からの切込みを狙う基本に忠実なプレーが中心です。

Continue reading "左サイドバック鮫島は欽ちゃん走りだった"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(7/12時点)

            (7月12日)  (7月5日)  (増減)
カナダドル        15334     6821   +8513
スイスフラン       8081     5291    +2790
ポンド         ▲24801    ▲31669   +6868
円            28288     14327    +13961
ユーロ          12416     43194   ▲30778
NZドル         19584     18986     +598
豪ドル          67623     63336    +4287

アメリカの雇用回復は期待よりも遅く、QE3の思惑と欧州財政問題が相場の主要ファクターとなっています。

イタリアやスペインの財政問題は、今に始まった話ではないのですが、米国相場にやや楽観ムードが漂っていただけに、悲観を増幅しようとする投機筋の動きがカウンターのように決まった格好です。

シカゴ筋ポジションは、ユーロだけがポジションを減らし、ほとんどの通貨が買われました。
要するにドル売りがトレンドですが、取引量はユーロ/ドルが多いので、全体ボリュームで見た場合には微妙なところです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/12時点)"

| | Comments (0)

July 10, 2011

各電力会社の原発依存度

いざ原発依存度を数値化してみようとすると、案外難しいものだとわかりました。
特に3.11以前、電力会社は出来るだけ原発を働かせて、CO2削減に貢献しようとしていました。

例えば北海道電力の資料を見ると、H22年度末の電源設備の割合としては原発が25%なのですが、「発電電力量に占める非化石電源比率(水力(注:10%程度)+原子力)は50%を超え、低炭素社会の実現に貢献しました」と誇らしげに書いています。

出来る限り原発を動かし、他の電源設備を休ませれば依存度は上がりますし、検査で原発が休んでいる時期は依存度が下がります。

こうした数値一つ取ってみても、算定方法と背景事情をしっかり見ないと議論の方向性を誤ってしまう可能性を感じます。

Continue reading "各電力会社の原発依存度"

| | Comments (0)

なぜ日本女性は世界で活躍できるのか

早起きしたので、まずは女子W杯、勝てる見込みは薄いだろうと思いつつ、日本-ドイツをライブ観戦。
何と延長戦で勝利。

201107109769931l写真は延長後半3分、丸山の見事な決勝ゴール。

ペナルティエリアの右に流れた沢からのパス、DFをかわしながらノートラップでシュート。
これがゴールニアの角度を消しに行ったGKの逆をついたような格好になり、ゴール左サイドネットにイン。

W杯二連覇中、かつ日本が0-2で負けたイングランドに勝ったフランスに4-2で勝っているドイツ、さらには地元の大声援。
本当に勝てるとは思いませんでした。

Continue reading "なぜ日本女性は世界で活躍できるのか"

| | Comments (0)

July 09, 2011

なぜビルのエレベーターは動き出したのか

私が勤務するオフィスビルのエレベーター(ELV)。
多くのビルと同様に半分(2台の内1台)が止まっていましたが、数日前から全て動き始めました。

その背景事情を探ってみると、二つの理由が判明しました。

一つは、7月1日以降15%の強制節電が始まって細かく電力使用量を分析した結果、節電の主役は照明であり、ELVを止めた事による効果はあまりないことがわかったという事実があるようです。

考えてみても、ELV停止で節約できるのは同時に動く確率が無駄に高かった場合のみ。
仮に積み残しがあって1台が2回動けば、待ち時間が増えるだけで電力は従前と一緒です。

Continue reading "なぜビルのエレベーターは動き出したのか"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(7/5時点)

            (7月5日)   (6月28日) (増減)
カナダドル        6821     ▲1863   +8684
スイスフラン       5291      9948   ▲4657
ポンド        ▲31669    ▲18349  ▲13320
円           14327     13623     +704
ユーロ         43194     32987    +10207
NZドル        18986     18364     +622
豪ドル         63336     46897    +16439

7/5以降、ADP全米雇用報告(民間雇用+157千人)がポジティブ、昨日の6月雇用統計(公的部門を含む非農業部門雇用者数+18千人)でネガティブとなって軽い乱高下。
今現在のポジションは想定しにくくなっています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/5時点)"

| | Comments (0)

July 05, 2011

実用に近付いてきた電子書籍

乱立気味の電子書籍サイトとリーダー。
どれが勝者となるのか判断がつかず、電子ブックリーダーを買うのはまだ早いと思って静観中でした。

今月になって新潮社・講談社・学研が今後の新刊書をすべて電子化するというニュースが出たのを機に、PCで個別の書籍を買うのであれば特段の投資も無いので、試してみることにしました。

ちなみに今までは「eBookJapan」で島耕作シリーズを買ったことがあるのみ。

Continue reading "実用に近付いてきた電子書籍"

| | Comments (0)

July 04, 2011

癖は抜けない

Continue reading "癖は抜けない"

| | Comments (0)

July 03, 2011

格差に鈍感なアメリカ

Fc9f31a6a2f711e0a9a400144feabdc0img最近のFTは、「Charting the squeezed middle(搾り取られる中流層を図解する)」といったシリーズを始めるなど、格差構造の報道に積極的です。

左図は、「Top dogs take bigger slice of spoils(勝者はより多くの戦利品を獲得する)」という記事に載ったグラフ。

アメリカのトップ10%の所得占有率が、80年代後半以降、30%から45%に急上昇。
勝者総取りの構図が強まっていることを示しています。

Continue reading "格差に鈍感なアメリカ"

| | Comments (0)

日本優良株、反発力の比較(4)

Z_2久しぶりに、これまでと同じ銘柄を3ヶ月チャートで比較してみます。
パフォーマンス順に、日産(7201)、ファナック(6954)、東芝(6502)、京セラ(6971)、コマツ(6301)となっています。

1位の日産は比較的早い工場復旧、海外販売での好調持続、ゴーン社長の明確なメッセージなどが評価されていて、自動車関連の中でも抜きん出ている印象があります。
1日に発表された6月の米国販売も、トヨタとホンダが2割減に対し、日産は11%増でした。

Continue reading "日本優良株、反発力の比較(4)"

| | Comments (2)

July 02, 2011

選挙後のタイは混乱を回避できるのか

Photo明日はタイの総選挙。

勝利が確実と見られている「タイ貢献党」を率いるのは、タクシン元首相の実の妹であるインラック・チナワット氏44歳。

面食いなら思わず投票してしまいそうな美人。
初の女性首相を期待する女性票も集めて第一党は確実で、焦点は単独過半数を得られるかどうかと報道されています。

Continue reading "選挙後のタイは混乱を回避できるのか"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(6/28時点)

         (6月28日)  (6月21日) (増減)
カナダドル    ▲1863      2204   ▲4067
スイスフラン    9948     11813    ▲1865
ポンド      ▲18349   ▲11360   ▲6909
円         13623     32594   ▲18971
ユーロ       32987     29771   +3216
NZドル      18364     18849    ▲485
豪ドル      46897      54571   ▲7674

2011年相場も昨日から後半戦入り。

今週はギリシャ危機の一服や米経済指標の好転などが意識され、リスクオフ姿勢に変化が見られました。

ドル円は狭いレンジながらも80円台で底堅く、クロス円は明確に買われました。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/28時点)"

| | Comments (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »