« 左サイドバック鮫島は欽ちゃん走りだった | Main | 国家と国民の甘えた関係 »

July 18, 2011

あきらめない「なでしこジャパン」、精神力で頂点に立つ

201107181148691l_2しびれる試合展開でした。

前半の日本は出足から内容が悪く、アメリカのプレッシャーに負けて無理な縦パスを試みては相手ボールになる繰り返し。
スピード、パワー、そして得意のパスワークでも明らかにアメリカチームに劣り、これではとても勝利に値しないと悲観して見ていました。

この45分間で0-2となり、試合が決まってしまう可能性も十分ありました。
そうならなかったのは、今回の「なでしこ」にはサッカーの神様が味方する十分な理由があったからとしか言いようがありません。

後半24分、アメリカが1点リードを奪ってやや引き気味になり、日本が必然的に前に出るしかなくなったことでゲームが解(ほぐ)れました。

ピッチを広く見ることが出来る澤を起点に前線へパスを送ることで、ゴール前に攻めかかるチャンスが増えます。

後半36分にゴール前の混戦から宮間がプッシュイン。
1-1に追いついたものの、続く延長前半には最も警戒していたワンバックのヘディングシュートを喫し、再び1点ビハインド。

延長後半も残り3分。
宮間が蹴るニアポストへのコーナーキックに澤がDFを懸命に振り切りながら飛び込み、右足アウトサイドのボレーキックを鋭角に決めて再び同点。

2-2でPK戦になると、あと少しのところで勝利を掴み損ねたアメリカには強いプレッシャーがかかる一方、日本は佐々木監督以下全員が笑顔で円陣を組み、落ち着いていました。

先攻アメリカ、ボックスのシュートをGK海堀が横っ飛びしながら足で弾くスーパーファインセーブ。
続く日本の一番手はまたも宮間。
ヤット直伝(?)のコロコロシュートを決めて、腕をぐるっと回すガッツポーズ。
流れはここで決まりました。

WSJによるワンバック選手のコメントです。
「日本チームは、とても大きな12番目の選手と一緒に戦っていた。
それは(勝利への)願望と(復興への)希望だ。
自分のチームを誇りに思うが、負けたことは大きなショックだ。
日本は決してあきらめない、本当に賞賛に値するチームだった。」

「なでしこジャパン」は予選でイングランドに完敗したことで戦術を修正してドイツに勝ち、スウェーデン戦でも1点取られてから動きが滑らかになりました。

追い込まれてむしろ冷静になり、本領を発揮するサバイバル型の特徴を持っています。
崖っぷち日本の次の選挙では、出来るだけ女性候補に投票するべきなのかもしれません。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 左サイドバック鮫島は欽ちゃん走りだった | Main | 国家と国民の甘えた関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 左サイドバック鮫島は欽ちゃん走りだった | Main | 国家と国民の甘えた関係 »