« 沖縄旅行(1) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(8/9時点) »

August 11, 2011

沖縄旅行(2)

Sn3s0194沖縄2日目は、娘の教育も兼ねて定番の南部戦跡巡りへ。

日本が降伏せず、沖縄で陸上戦を遂行した意味は本土決戦のための「捨て石」。
日本軍は沖縄県民を守るどころか、徹底的に利用した挙げ句に自決を促すなど多くの民間人を犠牲に。

こうした歴史観に立脚すれば、沖縄が安全保障のために忍耐を許容すべきだという主張を受け入れる感情的な余地など全く無いだろうと思わされます。

元々琉球は、中国に正式に認められた独立王国として存在していたのが、島津藩に侵略されたという地点に立ち戻って考えるのが、沖縄を理解する原点なのかもしれません。

「核抜き本土並み」という復帰時の条件は、基地だらけの沖縄から見れば大嘘。

ここは日本に裏切られ続けた島。
政府を信頼などできる訳がありません。

午後は世界遺産群の一つ、中城(なかぐすく)城跡へ。Sn3s0200

ペリーが賞賛したと伝えられるアーチ門が美しく、城壁の曲線にも高度な美意識が感じられます。
眺望も素晴らしいので、是非訪問をお勧めします。

遺跡としては、歴史文化センターが隣接され、美ら海水族館とセットで見られる今帰仁(なきじん)城跡の方が人気だと思われます。
確かに比べるとロケーションが悪く、設備も整っていません。

チケット売り場は建築現場の事務所程度の仕様ですし、歩く距離も長くなっています。
説明書きも少なく、いかにも地元の気合いが入っていないという様子ですが、それだけにかつての栄華がしっとりと偲ばれました。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 沖縄旅行(1) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(8/9時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 沖縄旅行(1) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(8/9時点) »