« August 2011 | Main | October 2011 »

September 24, 2011

ビ・ライフ投資法人のドタバタ劇

滅多に無いことが起きました。
ビ・ライフ投資法人が初の公募増資」の続編として、その後の事実関係を記録しておきたいと思います。

価格決定日の初日である9月13日、終値は48万円。
ローンチした5日が487千円ですから、まあまあ崩れずに決まったと誰もが思ったにも関わらず、アナウンスなし。

値決め期間は一応あと2日あるものの、手間暇を考えれば初日に決めるのが当然。
明日高くなる保証はありません。

何か自信があって「もっと高く決めたい」と考えているのか、トラブルが起きたのか、どちらかくらいかと想像されました。

Continue reading "ビ・ライフ投資法人のドタバタ劇"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(9/20時点)

       (9月20日) (9月13日)  (増減)

カナダドル  ▲5458    ▲6303   ▲155
スイスフラン  4221      5493   ▲1272
ポンド    ▲59755   ▲26193   ▲33562
円        45617    34955   +10662
ユーロ   ▲79460   ▲54459   ▲25001
NZドル    13565     17664   ▲4099
豪ドル     23095     36934  ▲13839

今週の相場は大荒れ。
パニック的な投げが発生し、結局NYDOWは1週間で▲6.4%。

ちなみに金は▲10%、銀は▲20%といった感じです。
普段どの程度のレバがかかっているのか、大体の見当が付きます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(9/20時点)"

| | Comments (2)

September 23, 2011

生活保護はやめられない

「働かざる者食うべからず」
私がダラダラと過ごしていると、昭和一桁生まれの両親から叱られたものです。

この言葉はどうやら、聖書にある「If man will not work, he shall not eat」が始まりのようです。
「will」は自分の意思、「shall」は神の意思と授業で習いました。

16日に放送されたNHKスペシャル「生活保護 3兆円の衝撃」は、大阪市での実例を基に生活保護制度への理解を深めてくれます。

Continue reading "生活保護はやめられない"

| | Comments (0)

September 19, 2011

税を「貰う人」VS「払う人」

増税論議が盛んですが、そもそも公務員は税金を1円も払っていないと言えます。

公務員給与の原資は税金ですから、そこから彼らが支払う税は、貰う税を一部戻しただけのこと。
税を食べて生活する、「貰う人」です。

「払う人」は、民間サラリーマン、商売人、企業など。

税を軸に眺めれば、世の中は「払う人」と「貰う人」で二分。
経済規模が拡大しない今、増税は「貰う人」の財布が大きくなる一方で「払う人」の手取りが減少するゼロサムゲームです。

日本の税体系は極めて複雑かつ巨大ですが、その断面を垣間見るため、ここでは民間企業に勤める人が支払う所得税(国税)で、国家公務員の給与がどこまで賄えているのかを比較(平成18年、21年)してみます。
(データは国税庁人事院、国家公務員の賞与は年4ヶ月と控えめに試算)

Continue reading "税を「貰う人」VS「払う人」"

| | Comments (0)

September 18, 2011

自宅でエスプレッソ

寝起きの悪い私、毎朝のドリップコーヒーは欠かせません。

出来ればエスプレッソを家で飲みたいものですが、機械がデカイ、高い、メンテが面倒くさいものだとあきらめていました。

Img55852303写真の「ハンディ型エスプレッソマシン ハンドプレッソ(Handpresso) DHP01」も、何だかイカガワシイ匂いがプンプンしますが、AMAZONに信頼できそうな丁寧なレビュー(ここの「ある意味最良の選択肢」の部分)があり、買って見ました。

Continue reading "自宅でエスプレッソ"

| | Comments (0)

September 17, 2011

SMAPの中国公演が実現

Apx201109160002SMAPの中国公演は、昨年上海での予定が二度も中止。

昨日16日、北京市内の工人体育場。
ようやく実現しました。

Continue reading "SMAPの中国公演が実現"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(9/13時点)

        (9月13日) (9月6日)  (増減)
カナダドル  ▲6303     2081    ▲8384
スイスフラン 5493      7549    ▲2056
ユーロ    ▲54459    ▲36443   ▲18016
ポンド     ▲26193   ▲13220   ▲12973
円       34955      32787   +2168
NZドル    17664     17670    ▲6
豪ドル    36934      48041   ▲11107

ユーロ、ポンドが大幅に売り越し増加。
依然として欧州懸念の弱気ムードが続きます。

警戒感から、豪ドルのポジションも調整が入っています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(9/13時点)"

| | Comments (0)

September 15, 2011

世界の先頭を走るのは日本

Turning20japanese20economistc9a14エズラ・ヴォーゲルの「Japan as NO1」から30余年。
今度は米国経済の「日本化(Japanization)」という表現で、日本の背中が見えるという意識が広がっています。

高齢化NO1、公的債務GDP比NO1、低成長デフレNO1、大臣短命率NO1。

将来の課題を一手に引き受けたような姿は、先進国近未来のショーウインドウです。

Continue reading "世界の先頭を走るのは日本"

| | Comments (3)

September 10, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(9/6時点)

           (9月6日)  (8月30日) (増減)
カナダドル      2081     13939   ▲11858
スイスフラン     7549      9342   ▲1793
ポンド        ▲13220    444    ▲13664
円           32787     41185   ▲8398
ユーロ        ▲36443   ▲384   ▲36059
NZドル       17670     16565   +1105
豪ドル        48041     47569    +472

市場の関心は欧州債務問題一色。
ドルが持ち直し、対ドルでの円高は一服しています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(9/6時点)"

| | Comments (0)

September 08, 2011

大地の咆哮~大国中国の呻き声~

大地の咆哮(ほうこう) (PHP文庫)は、少し前(2006年)の本ですが、数々の賞賛の声に違わず、魂のこもった本でした。

著者の杉本信行氏は、73年外務省入省のいわゆるチャイナスクール派。

2006年、その生涯で感じたこと、伝えたいことの全てをこの本に託し、57歳の若さで逝かれました。

Continue reading "大地の咆哮~大国中国の呻き声~"

| | Comments (0)

September 06, 2011

ビ・ライフ投資法人が初の公募増資

1258517昨日POを発表したビ・ライフ投資法人ですが、希薄化にめげず、今日は上がりました。

日経平均が年初来安値を更新する地合いの中、終値508000円(+21000円、+4.3%)。

単なる「アク抜け」と理解するか、掲示板風に「サイダー」の買戻しと僻むか。

まあそれはSECに任せるとして、既に今年増資済みのアコモファンドと条件的に比較しやすくなりました。

Continue reading "ビ・ライフ投資法人が初の公募増資"

| | Comments (0)

とうとうスイス中央銀行がキレた!

スイス国立銀行(SNB)は、ユーロ/スイスフラン相場に下限(1ユーロ=1.2フラン)を設定し、目標を守るため無制限に外貨を購入する用意があると表明しました。(現地時間では午前9時と思われます)

Longcharteurchf60mめったにないことなので、チャートを残しておきます。

自国通貨を高くしないという決意なので、「通貨防衛」というのは変ですし、レートを固定するわけではないので「ユーロペッグ」もおかしい。

通貨安戦争に対する宣戦布告という表現が比較的なじむでしょうか。
 

Continue reading "とうとうスイス中央銀行がキレた!"

| | Comments (0)

September 05, 2011

米国製エリートは本当にすごいのか

「米国製エリートは本当にすごいのか?」の著者は、外資系金融機関の内定を蹴って就職浪人し、東洋経済新報社へ入社。

休職してスタンフォード大学大学院に2年間留学した経験を纏めたものです。

本人が文章で勝負したいから今の職を選んだ、というくらいですから、極めて平易で読みやすくなっています。

「そもそもアメリカのMBAって、本当のところどうよ」
そんな疑問に答えてくれます。

Continue reading "米国製エリートは本当にすごいのか"

| | Comments (2)

September 04, 2011

ASEAN5+CHINA

Asean6DOWは金曜日に2.2%下げましたが、NY市場のアジア株ETFは一定の耐性を示しています。(週明けの本場でどうなるかわかりませんが)

最近持ち直し気分顕著なのはベトナム株(VNM)。

ベトナム経済の最大の懸念はインフレ(ドン安)ですが、8月CPIが前月比で1年ぶりに1%割れしたことなどが支援材料のようです。

Continue reading "ASEAN5+CHINA"

| | Comments (0)

住宅系3リートの夏

レジデンス系主要3リートの、この1ヶ月。

Z_4一番上が、時価総額最大のアドレジ(3269)。
Jリート指数(1343)を若干上回っています。

アコモ(3226)は、8月が配当月(予想分配金13000円)なので、権利落ちによる売りが発生。

権利最終日の8月26日終値が601千円。
現在590千円と11千円安。

Continue reading "住宅系3リートの夏"

| | Comments (2)

September 03, 2011

いい国つくろう、何度でも

Img_01昨日、主要全国紙に見開きの広告。

さすが、宝島。
良いコピーだと私は思いました。

3.11は、明らかな「敗戦」。
首都圏に住む我々も、大なり小なり被爆しました。

「日本人のリスク管理能力は、この程度のものだった」と認めるところから再出発です。

Continue reading "いい国つくろう、何度でも"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(8/30時点)

         (8月30日) (8月23日) (増減)
カナダドル   13939      8804   +5135
スイスフラン  9342      9637   ▲295
ポンド      444      10961   ▲10517
円        41185     47139   ▲5954
ユーロ     ▲384      2539   ▲2923
NZドル    16565      16876   ▲311
豪ドル     47569      43574   +3995

ポンドのロングポジションが、ほとんど解消。
市場は欧州通貨に弱気です。

円は、ややポジション調整。
再度の介入警戒感もあり、これ以上の円高で勝負するのは割に合わないかも、という気分も感じられます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(8/30時点)"

| | Comments (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »