« シカゴ筋ポジションの確認(11/22時点) | Main | 野村證券は生き残れるのか »

December 01, 2011

トラリピの結果(10月、11月)

トラリピを行う通貨ペアとしては豪ドル/円が人気のようです。

理由としては、
・豪ドルペアはボラティリティが高い
・長期的戦略であるため、スワップがプラスのペアにしたい
といったところでしょうか。

私は、似たようなものですが、豪ドル/米ドルを選択しています。
理由は、基本的にドルの方が円よりも弱いからです。

設定は、トラップが50bsp、利益幅も同じ50bsp。
決済(買い→売りの成約)回数は、

10月 37回
11月 39回 でした。

11月は直近までボラが低く、10月の回数を大きく下回って推移していたのですが、中国人民銀行の預金準備率引き下げや中銀6行の米ドル供給拡充策などで相場が動き、月末3日間だけで17回と、まるで帳尻を合わせるかのように決済回数が増えました。

相場には上がれば下がる、下がれば上がる、停滞していれば波動を起こすエネルギーがあります。
それは人間がそれを望むからです。

口座残高はスワップも含めて、2ヶ月で40万円ほど増えており、元本含み損は3万円だけ。
このペースが続くのなら大変ありがたいことですが、今後とも定期的にブログ上でモニターします。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(11/22時点) | Main | 野村證券は生き残れるのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(11/22時点) | Main | 野村證券は生き残れるのか »