« 野村證券は生き残れるのか | Main | J-REITは底打ちしたのか »

December 04, 2011

シカゴ筋ポジションの確認(11/29時点)

        (11月29日) (11月22日) (増減)
カナダドル  ▲26869    ▲22144  ▲4725
スイスフラン  ▲9327    ▲5870  ▲3457
ポンド     ▲46660    ▲36634  ▲10026
円        40547      43180   ▲2633
ユーロ    ▲104302   ▲85068   ▲19234
NZドル      3718     7916    ▲4198
豪ドル      12542     17960   ▲5418

増減は全て「マイナス」。
ドルが強いという表現は適切ではないでしょうが、ドルへの強い需要が背景にあるとは言えそうです。

こうした状況下で、世界の6中銀が協調してドル供給策を実施したため、ドルの需給観測は緩和され、ポジション調整によって反リスクオフの流れが発生したのが今週の動きの概略と思われます。

現在の相場の最大ファクターは、言うまでもなく欧州・ユーロ情勢。
引き続き、ヨーロッパの主要政治家、特にドイツの判断が注目されます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 野村證券は生き残れるのか | Main | J-REITは底打ちしたのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 野村證券は生き残れるのか | Main | J-REITは底打ちしたのか »