« 金融緩和相場は続くのか | Main | トラリピの結果(2月前半) »

February 18, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(2/14時点)

        (2月14日)  (2月7日) (増減)
カナダドル   9566     2184   +7382
スイスフラン ▲15863  ▲9795   ▲6068
ポンド     ▲40599  ▲33122  ▲7477
円         29459   55171   ▲25712
ユーロ     ▲148641  ▲140593 ▲8048
NZドル     23870    23335   +535
豪ドル      73741    75095  ▲1624

注目されるのは、円買いポジションが急減してほぼ半分。

日銀の追加緩和発表は日本時間14日12時43分。
シカゴ時間では前日13日の21時43分。

恐らくはこの1日で、ポジションがほぼ半減したものと推測されます。

いつもながらこういった条件反射は見事ですが、それだけにトレンドを形成するかどうか懸念もあります。

01_hドル円を見ると、パニック的な「鯉の滝登り」状態。

ユーロ売りはさらに増え、ギリシャへの不信を反映しています。

豪ドルはロングが微減。
短期筋は、お腹イッパイになりました。
AUD/USDは12月以降、急上昇して来たので、当面は1.065~1.08近辺をウロウロするのかもしれません。

昨日のNY時間、ドル円は79.5円で終了。
今のところ、円安エネルギーは十分に継続していますが、今後の神経戦は予断を許しません。

来週以降も円安傾向が持続し、円が対ドルで、昨年震災時以来のネットショートに転じていくかどうかが注目されます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 金融緩和相場は続くのか | Main | トラリピの結果(2月前半) »

Comments

NHK杯の郷田氏の夢を砕く 47桂打ち (羽生氏)
 昨日の王将戦は 佐藤氏の誰もが57銀引くと思っていたが 佐藤氏は65銀とすべらす、と
その盤面は 3枚の銀がみごとな造詣をなし久保陣営を窮地に追い込む。
 棋界はじめて?の美しい絵模様がみられてこうふんしました。
 女流名人戦は里見対清水。アナグマと堅陣つくりにいそしむ二人。眠くなるよう模様でしたが
里美名人が寄せにはいると一気に盛り上がり
ニコニコ動画も書き込み殺到。阿久津氏の解説もガゼン熱をおびてきます。
 竜も角も切っての寄せにギャラリーをはらはら
させましたが見事によせ防衛。 どうさしても勝ちの場面最短の寄せに 将棋の美意識 を感じ
られ升田九段をおもいおこしました。
 対局おわってのからのファンの書き込みが、里美さんへの賛辞、清水さんへの激励やら阿久津さんのかいせつの御礼やらはげましやらニコニコ動画への感謝のことばがつずきわずか数分でしたが
心地よい時間でした。動画へのアンケートがあり
82%のファンが良かったに投票。
 阿久津氏の また呼んでください(解説に)と
対局終わってから、これからが本番 のテロップが印象つよかったです。 対局者 解説者 ファンが一緒のTVなどなかったです。各局は?
 次回はみーふぃもかきこみたのしみたいです。

Posted by: みーふぃ | February 18, 2012 at 02:17 PM

王将戦は、やはり第一局の5七玉顔面受けで、佐藤九段がペースを自分のものにしました。

里美女流名人の追い込みは、奨励会で鍛えられたスピード感覚が出ているように思いました。
あそこまで急がなくても、楽に勝ちでした。

ニコニコ動画の盛り上がりは楽しそう。
将棋とネットは相性が非常に良いです。

Posted by: akazukin | February 18, 2012 at 02:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 金融緩和相場は続くのか | Main | トラリピの結果(2月前半) »