« February 2012 | Main | April 2012 »

March 31, 2012

トラリピの結果(3月)

Longchartaudusd1d_r設定は、AUD/USDが25pips刻みの買いで利確は50pips。

加えて今月はUSD/JPYを25pips刻みの買いで利確が20pips。
細かく稼ぐ、いわゆる「せま割り」を利用した設定です。

決済回数は、合計49回。(AUD/USD22回、USD/JPY27回)
確定利益は175千円でした。

昨年9月開始以来の累計で96万円の利益。
概ね月額15万円のペースは維持しています。

Continue reading "トラリピの結果(3月)"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(3/27時点)

        (3月27日) (3月20日) (増減)
カナダドル    23737    42315   ▲18578
スイスフラン  ▲15096  ▲11191  ▲3905
ポンド      ▲11110   ▲15852  +4742
円        ▲67622   ▲25821  ▲41801
ユーロ     ▲89129   ▲82954  ▲6175
NZドル     3984    4210     ▲226
豪ドル      59574   45191    +14383

円のショートが大きく増加しました。
短期筋は円安方向での儲けを期待していますが、これほど増えてしまうと援軍期待は萎みます。

現実の相場は、今月84円に2回チャレンジして失敗し、82円~83円台前半のレンジ相場。
2月以降の円安傾向が壊れてはいないものの、長期に渡る円高トレンドの終了とまでは言えないような状況です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(3/27時点)"

| | Comments (0)

March 30, 2012

新鴻基不動産に何が起きたのか

Dataびっくり仰天。

香港の新鴻基(サンフンカイ)地産のオーナー経営者一族の二人、レイモンド郭氏とトーマス郭氏が贈収賄防止条例違反の疑いで、元香港政庁No.2の許仕仁(ラファエル・フイ)と共に逮捕されたと報道されています。

同社では先週執行役員のウォルター・チャン氏が贈収賄取締り当局である廉政公署(ICAC)により逮捕されたばかりで、香港市場には衝撃が走っています。

0001629日に取引停止だったサンフンカイ株は30日に取引が再開されましたが、急落して13%安。

Continue reading "新鴻基不動産に何が起きたのか"

| | Comments (0)

March 28, 2012

もしかしたら今、将棋ブームなのか

Photo_2最近将棋のタイトル戦が「ニコ動」でライブ解説されると、かなりの盛り上がりを見せているように感じています。

数字の裏付けを探して見ると、JT将棋日本シリーズ「こども大会」の参加者数。
東京都の参加者が、2009年は1595名、2010年は2437名、そして2011年は2,921名。

これが株価なら2年でほぼ2倍ですから、大ブレイクです。

Continue reading "もしかしたら今、将棋ブームなのか"

| | Comments (0)

March 27, 2012

シャープも増資インサイダーか

「台湾企業の軍門に下る」という見出しがなかったのは、武士の情けでしょうか。

今年度2900億円の赤字予想を先月発表したシャープ。
今日、アップル製品やプレステなどのアセンブリで良く知られている「フォックスコン」ブランドを持つ台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループに計121,649千株、669億円(@550円)の第三者割当増資を発表。
ホンハイグループは、9.87%の筆頭株主となる予定です。

加えて堺工場の運営会社「シャープディスプレイプロダクト(SDP)」の株式46.48%を鴻海精密工業の郭台銘董事長に660億円で譲渡。

Continue reading "シャープも増資インサイダーか"

| | Comments (0)

蘇った「AFTER 5 CRASH」

「REBIRTH 1~re-make best~」は、角松のセルフカヴァーアルバム。

80年代の名曲を現代のアレンジで聴きたいという、ファンのリクエストに応えてくれました。

最も大きくインプルーブして還って来たのは、ジャケットイメージにも使われている「After 5 crash」。

507011a35f21dcfaca9eb3a08200d75fオリジナル(84年)がこれ。

Continue reading "蘇った「AFTER 5 CRASH」"

| | Comments (0)

豪ドルと株高の相関性

今日の日経平均は237円高の1万0255円と、震災後の高値を更新。
日本株は、円安による買いからNY株高が牽引する相場へとやや性格を変えつつあります。

Z同じくDOWと比例する豪ドル。
株高→リスクオン→豪ドル買い、という単純構図で説明されます。

ところがグラフのように、3月になってこの関係が変調。
珍しく、逆方向に進んでいます。

Continue reading "豪ドルと株高の相関性"

| | Comments (0)

March 26, 2012

古内東子は脱皮した

Photo古内東子といえば、1996年の作品で徳永英明も「VOCALIST 4」でカヴァーした「誰より好きなのに」(you tubeにリンク)のスマッシュヒット一発で生きているという印象でした。

恋愛曲中心でフェイスが個性的という共通点もあり、デビュー当初はユーミン二世などというコピーで売ろうとしたこともありましたが、マスマーケットを軽々とターゲットにする天才ユーミンとはセールスにおいて比較にもなりませんでした。

Continue reading "古内東子は脱皮した"

| | Comments (0)

米財務省は相場で儲けたが

Smooth_exitあの金融危機の時、 一体何度、ファニーメイとフレディーマックという言葉を聞いた事か。

米財務省は今月20日、買い支えたMBSを全て売り切ったと発表しました。
(左図は残高の推移)


Continue reading "米財務省は相場で儲けたが"

| | Comments (0)

March 25, 2012

日露戦争、資金調達の戦い

Efbc91e698afe6b885「日露戦争、資金調達の戦い: 高橋是清と欧米バンカーたち 」は、日露戦争をファイナンスの切り口から整理してみました、という本です。

金本位制の元で資金に乏しい日本は、高橋是清らをロンドンへ送り、計6回の日本公債を発行。
戦いが長引くたびに借金を重ねる、正に自転車操業状態。

当時の日本公債は、今で言えば格付けBクラス以下のハイイールド新興国債券。

是清のロンドンでの奮闘にも関わらず、日本国内では深刻な資金不足の実態が知らされず、やれ発行条件が悪い、タイミングが下手糞などと新聞は言いたい放題。

Continue reading "日露戦争、資金調達の戦い"

| | Comments (0)

豪ドルの水準の確認

Longchartaudusd1d_r3月11日の「RBAは豪ドルの冷やしに成功したのか」の中で、

『1月中旬以降2ヶ月近く、1.06~1.08だったレンジ水準は少し切り下がり、1.05~1.07あるいは1.04~1.06あたりになって行くのではないかと感じられます』

と書きました。

先週の調整ムード充満する中でも、結果的に「1.04」は一定のサポート機能を発揮したように見えます。

Continue reading "豪ドルの水準の確認"

| | Comments (0)

March 24, 2012

シェールガス革命は日本に福音か

Lng
石油よりも環境コンシャスな天然ガス。

大手商社は先を争っての権益確保に乗り出しており、先月は三菱商事がカナダのエンカナ社の天然ガス開発プロジェクトに総額2000億円以上の出資を決めています。

グラフは、2007年1月を100とし、日米欧の天然ガス価格と原油価格(WTI)を比較したチャートです。

原油価格は2倍になっていますが、アメリカのガス価格は2分の1。
エネルギー自給率が高くなったアメリカは中東原油への依存度が低くなり、軍事力をアジアにシフトすることが可能になりました。

Continue reading "シェールガス革命は日本に福音か"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(3/20時点)

        (3月20日) (3月13日) (増減)
カナダドル   42315    26721   +15594
スイスフラン ▲11191  ▲14798   +3607
ポンド     ▲15852  ▲41848   +25996
円       ▲25821  ▲42380   +16559
ユーロ     ▲82954  ▲99336  +16382
NZドル     4210    13223   ▲9013
豪ドル      45191   66756   ▲21565

円、ユーロ、ポンドのショートが減り、オセアニア通貨ロングが減少。
20日の時点で既に、明確なポジション調整の心理が見て取れます。

実際の相場は翌日21日以降、急速に調整色を強め、23日のDOWが4日振りにプラス引けとなって一息つきました。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(3/20時点)"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認

Gc青い線が25日、赤が75日移動平均線です。

インデックスが1000に達するのは今月末頃という見通しを立てていましたが、3/19に突破。
ペースが早過ぎるだろうと、25日平均線まで退却させられた格好です。

Continue reading "J-REIT指数の確認"

| | Comments (2)

March 23, 2012

PCがトラブった

昨年12月の液晶モニターの基板交換に次いで、今度は自作PCの電源が入らなくなるというトラブルが発生しました。

同様の症状の参考のために記録します。

まずは、電源スイッチを入れても起動が始まらないことが時々あるという現象から始まりました。
最初の頃は、ケーブルを抜き差しすると直ったので放置しておいたら、段々本格的に起動しにくくなり、これはマザーボードの不良に違いないと(なぜか自信たっぷりに)決め付けて即交換。8千円。

数日は好調でしたが、再び同じ現象が発生。
一瞬スッと電源が通じるものの、その後は音なし。
症状は、段々と深刻になって来ました。

Continue reading "PCがトラブった"

| | Comments (0)

March 22, 2012

5万円では世界に笑われる

Zoushi中央三井アセットのインサイダー問題は、野村の社員が情報を提供し、中央三井アセットのFMがインペックス株を空売りして1400万円の利益をあげていた、と報道されています。

課徴金5万円は手数料相当額とされていますが、個人のインサイダー取引においては、基本的に利益を全額召し上げるような課徴金の算定方式となっています。

不正な利益と認定するなら、当然にファンドの利益1400万円は国が徴収すべきで、それを顧客に弁済するかどうかは中央三井アセットと顧客の民事的な問題と整理すべきです。

Continue reading "5万円では世界に笑われる"

| | Comments (0)

March 21, 2012

重慶事変の闇は深い

前編はこちらです→「重慶を舞台に血みどろの権力抗争か」。

Images腹心「王立軍」の寝返りをコントロールしきれなかった薄煕来(はくきらい)。
今月15日に重慶市書記を解任され、党中央は後任に現職の副首相「張徳江」を送って幕引きを図っています。

張徳江は薄煕来と同じ江沢民派。

胡錦濤率いる叩き上げリベラルの共青団VS保守派の太子党-江沢民連合という対立構図で見ると、人事上で微妙なバランスを維持しながらも、温家宝が激しく文革を批判する会見を行い、保守派を強く牽制するという事態になっています。

ところが、その温家宝首相の会見内容を党中央宣伝部が報道規制したとの海外報道もあり、全くもって神経戦の様相です。

Continue reading "重慶事変の闇は深い"

| | Comments (0)

March 20, 2012

紅茶スパイ

51iq5k02blel「紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく」の原題は、「For All the Tea in China」。

サブタイトルの「How England stole the World's Favorite Drink and Changed History」が、この本のテーマを簡潔に言い表しています。

盗まれた方の中国人が読んだら、過去の恥辱の歴史が思い出されて血圧が上がりそうです。

Continue reading "紅茶スパイ"

| | Comments (0)

March 19, 2012

マツダの復活はあるのか

2013mazdacx5_100371092_mマツダの今後がかかっていると言っても良い「CX-5」。
1ヶ月の国内受注が8000台(目標1000台)とスタートは好調のようです。

受注の73%がディーゼル車なのは、今後の可能性を感じさせます。

とはいえ、既存株主に大きな負担を強いた1300億円増資。

会社は2016/3期に営業利益1500億円を目標としていますが、マツダが1500億円の営業利益を挙げた2008/3期は、ドル円114円、ユーロは162円。
僅か4年前なのに、眩暈がするような数字です。

Continue reading "マツダの復活はあるのか"

| | Comments (0)

March 18, 2012

J-REIT指数の確認

Gcマンネリ化したこのシリーズ。
もう少し続きます。

さて、週足を見ると、5週連続の陽線。
さほどの足踏みも無く、指数は995まで来ました。

そろそろ到達感で上昇エネルギーが低下するような気がしています。
本来はインカムゲイン商品ですから、短期間でこれだけ上がれば、もう十分としたものです。

Continue reading "J-REIT指数の確認"

| | Comments (0)

米国住宅市場は反転上昇の兆し

低迷するアメリカ住宅市場について、ようやく明るいニュースが増えてきました。

「RE/MAX International」という不動産フランチャイズチェーンが発表した2月の住宅価格は、18ヶ月ぶりに上昇。
(参考:Home Prices Start to Rise, Sales Trend Higher

マイアミ、フェニックス、デトロイトなど不動産価格の下落が激しかったロケーションでも、体感的な変化が起きているようです。

Continue reading "米国住宅市場は反転上昇の兆し"

| | Comments (0)

March 17, 2012

ゴールドは上昇トレンドを放れたのか

Goldzドルが強い、株が上がる。

となれば、金利と配当がある資産を持ちたいに決まっています。

ゴールドは今年に入って二度目の200日移動平均線割れ。
弱含みです。

Continue reading "ゴールドは上昇トレンドを放れたのか"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(3/13時点)

         (3月13日) (3月6日) (増減)
カナダドル   26721    26032   +689
スイスフラン  ▲14798  ▲19478  +4680
ポンド      ▲41848  ▲37099  ▲4749
円        ▲42380  ▲19358  ▲23022
ユーロ     ▲99336  ▲116473  +17137
NZドル      13223  16788    ▲3565
豪ドル       66756  61720    +5036

大方の予想通り、円のネットショートポジションは大きく増加。
逆にユーロは「売り」が減っています。

ドル円は84円到達で一定の達成感があり、現時点では83円40銭前後。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(3/13時点)"

| | Comments (0)

March 16, 2012

的外れだった予想の記録

以下は、2/17付けロイターより。

<震災後の円売りに酷似>

市場では、目下のドル買い/円売りの動きが、東日本大震災後の昨年3月半ばから4月初旬の動きに似ているとの指摘が出ている。ドルは昨年3月18日のG7協調介入後、しばらく81円を挟んだレンジで推移していたが、海外短期筋のドル買いにリードされ、3月25日から上昇し始め、4月6日には85円台半ばまで上値を伸ばした。

「当時のドル/円上昇の主因は、東日本大震災とその後の原発事故を受けて、日本の国際収支と財政状況が大幅に悪化するとの見方に基づいた海外勢の円売りだった」とJPモルガン・チェース銀、チーフFXストラテジスト棚瀬順哉氏はいう。

しかし、ドル/円はその後約1カ月間で当初の上昇分を失った。
同氏は「当時の上昇は5.6%で、現在に当てはめて直近の底値から5.6%の上昇を上乗せすると、80.31円になる」と指摘したうえで、「昨年3―4月は本邦企業・投資家のオペレーションが一時的に停止する異常事態だったことを鑑みるに、今回のピークは当時よりも低くなる可能性が高いと考えられる」との見方を示した。
(引用終了)

Continue reading "的外れだった予想の記録"

| | Comments (0)

March 15, 2012

少し買い疲れが見える

日銀サプライズから1ヶ月。

ほぼ一直線の円安株高相場を続けて来たため、流石にやや疲れが見えて来ました。

大きな調整にはならない可能性が高いと思われるものの、ネガティブニュースに反応しやすいセンチメントも多少は育ってきているように思われます。

Continue reading "少し買い疲れが見える"

| | Comments (0)

上昇する米国金利が円安をサポート

2
2年もの金利は、さらに鋭角に上昇。

上昇率は、11.62%と表示されています。
(0.346%→0.3862%)

大量に債券取引をしているプロに取っては、
大暴落という見方もあるかもしれません。

Continue reading "上昇する米国金利が円安をサポート"

| | Comments (0)

March 14, 2012

DOWは史上最高値を試すのか

Dowz円安株高心理は強く、DOWは昨夜200$以上上昇して13000$を大きく突破し、ドル円は83円台に突入。
DOWは、2007年の高値14279$の92%の位置まで来ています。

リーマンショック後、2009年にDOWが7000$まで下がって皆の背筋が凍った時、底値は4000$という説がまことしやかに流れました。

私は流石にそこまでは悲観しなかったものの、自分が生きている間に再び14000$を見ることはないだろうと確信しました。
しかし今、14000$を上限と考えているような市場の空気は感じられません。

Continue reading "DOWは史上最高値を試すのか"

| | Comments (0)

March 11, 2012

米国2年金利はシャープに上昇

2ドル円相場に影響を与える金利差については、長期金利よりも2年くらいの金利がよく用いられます。

グラフが鋭角に上がっているのは、金曜日の雇用統計を素直に反映したものと思われます。

Continue reading "米国2年金利はシャープに上昇"

| | Comments (0)

RBAは豪ドルの冷やしに成功したのか

Longchartaudusd10m_r9日金曜日、日本時間夜10時30分に米雇用統計が発表された時のAUD/USDのチャートです。

これは良いニュースだからリスクオンの豪ドル買いだ、と直後に反応した人がいたようですが、それは間違い。
「事実で売れ」によって、1.064から1.057へと押し戻されました。

Continue reading "RBAは豪ドルの冷やしに成功したのか"

| | Comments (0)

March 10, 2012

震災と円相場のdéjà-vu

Paratto左のドル円長期チャート。

1995年の「ドボン」は、言うまでもなく阪神大震災が起こった年の事。

直前1$=100円だった円相場は、2割高の80円まで買われ、その後9月には100円に戻り、以降およそ3年に渡って4割ほど円安方向に動きました。

Continue reading "震災と円相場のdéjà-vu"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認

Gc左は週足です。

しばし「950」近辺での揉み合いをするだろうというのが先週のメインシナリオでしたが、するすると動き出し、「972」まで昇って来ました。

日銀は7日(水曜日)に15億円購入し、累積で732億円。
予算1100億円の3分の2を使用しました。
期限は今年末までですので、月間30億円以上の予算を残しています。

Continue reading "J-REIT指数の確認"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(3/6時点)

         (3月6日) (2月28日) (増減)
カナダドル   26032     22480   +3552
スイスフラン  ▲19478   ▲19391  ▲87 
ポンド     ▲37099    ▲23235  ▲13864
円       ▲19358    ▲1203   ▲18155
ユーロ    ▲116473   ▲109674  ▲6799
NZドル    16788      22114   ▲5326
豪ドル     61720     78201   ▲16481

昨晩の米雇用統計を好感し、ドル円は82円40銭まで買われて終了。

火曜日時点の上記ポジションでも、円は大きく「売り」が増え、投資家の先安感を示しています。

ユーロも「売り」増加。
ギリシャ問題の解決は先送りに過ぎず、長期的にはまだまだ下がるという見通しの人が減りません。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(3/6時点)"

| | Comments (0)

March 08, 2012

ALL-FREEは合格点

Sakemakino_allfree350かつて、キリンフリーを飲んでみて、「不味くて飲めない」と思ったので、それ以来アルコールフリーのビール風ドリンクは敬遠していました。

最近、あの池田信夫大先生がハマッテいると読み、サントリーのオールフリーを試してみました。

Continue reading "ALL-FREEは合格点"

| | Comments (0)

March 07, 2012

相場が急調整した理由

6日のDOWは200$安。
金は1700$を割って急落、豪ドルは対円で87円から一時85円割れ。

中国の成長減速宣言、ギリシャ問題の再燃等と言われていますが、要するに楽観が積み上がりすぎて自分の重みに潰れてしまうという、良く見る事態です。

Img_07皆が高所恐怖症になっているところ、出口に向かう人に大勢が追随しました。

クレディスイスは、中国の成長目標下方修正でコモディティ相場は終わったと言っています。

しかしながら、原油相場の10年を振り返ってもわかるように、商品相場が本当に大きく動く理由は需給ではなく、金融緩和の反映です。

Continue reading "相場が急調整した理由"

| | Comments (0)

March 06, 2012

マツダが大商いで逆行高

Z相場全般が調整模様となる中、公募価格124円が決定したマツダが3円高(+2.3%)の131円。

一般募集株式数は、1,100百万株。
現在の1780百万株に対して62%。

4割も希薄化するという大型増資ですが、増資発表直前の161円に対して2割程度の下げで、一旦は収まりそうな気配です。

Continue reading "マツダが大商いで逆行高"

| | Comments (0)

March 05, 2012

原油価格の10年

先週金曜日には2ドルほど調整したものの、原油(WTI)先物価格(期近)は1バレル106.70ドル。

アメリカでのガソリン価格は、消費を控える危険水準と言われる4ドル/ガロンに近い3.7ドル(1$=80円換算でリッター78円)まで上昇。

日本車など高燃費車への買い替えを促す材料にもなっていますが、バーナンキ議長は先日インフレ警戒感を発し、QE3には触れなくなりました。

Continue reading "原油価格の10年"

| | Comments (0)

March 04, 2012

J-REIT指数の確認

GcJ-REITは今週、日柄調整の動きです。

指数850から、スッと上放れし始めたのが、あの「バレンタインデー日銀サプライズ」の翌日2月15日。
以降、2週間で指数は950に到達し、しばし1週間の一休み。

なお、この間日銀は3回、計39億円のREITを購入しました。(2/22、2/28、3/1)

Continue reading "J-REIT指数の確認"

| | Comments (0)

March 03, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(2/28時点)

        (2月28日) (2月21日) (増減)
カナダドル   22480    14112   +8368
スイスフラン ▲19391   ▲19846  +455
ポンド     ▲23235   ▲31350  +8115
円       ▲1203    17257   ▲18460
ユーロ    ▲109674  ▲142159  +32485
NZドル    22114     24211   ▲2097
豪ドル    78201     74700    +3501

足元で円の先安感は強く、ドル円は81.8円まで来ました。
豪ドル円は87.8円と90円さえ窺う勢いです。

CMMのポジションで注目されるのは、ついに円がネットショートに変化。
そしてユーロ売りの巻き戻しです。(まだ大量のショートポジションは残っていますが)

円安は続く、いや理由は乏しいといった議論はさておき、感じるのは相場の理屈抜きのリバランス機能と言うか、反転するエネルギーです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(2/28時点)"

| | Comments (0)

March 01, 2012

トラリピの結果(2月)

AUD/USDペアで、トラップ刻みを25pipsに変更した2月。

月間のトラップヒット回数は33回。
決済(売り)は30回となり、想定の1日1回をクリア。

現在の保有ポジションは5つ、含み損は19千円と僅か。
今月確定利益は、142千円。

ほぼ計画通りの結果となりました。

Continue reading "トラリピの結果(2月)"

| | Comments (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »