« 震災と円相場のdéjà-vu | Main | 米国2年金利はシャープに上昇 »

March 11, 2012

RBAは豪ドルの冷やしに成功したのか

Longchartaudusd10m_r9日金曜日、日本時間夜10時30分に米雇用統計が発表された時のAUD/USDのチャートです。

これは良いニュースだからリスクオンの豪ドル買いだ、と直後に反応した人がいたようですが、それは間違い。
「事実で売れ」によって、1.064から1.057へと押し戻されました。

市場参加者は、豪ドル(対ドル)の上値を以前より悲観して見ていると判断されます。

RBA(豪中央銀行)は、これまで度々豪ドルの水準に警戒感を現していました。

先月24日には、「介入しないとは言っていない。今は介入していないが、介入するにしても予告はしない」。
今月5日には、「需要が鈍化すれば、利下げする余地がある」と、2月の発言を繰り返しました。

頼みの中国経済が減速する中、RBAが1.08近い豪ドル水準に不満を抱いていることは明らか。
投資家も中央銀行の意向を慮って売買しています。

Longchartaudusd1d_r1月中旬以降2ヶ月近く、1.06~1.08だったレンジ水準は少し切り下がり、1.05~1.07あるいは1.04~1.06あたりになって行くのではないかと感じられます。

なお、対円での豪ドルは、ベースのドル円が上がるなら、まだ上はあります。
仮にドル円が86円なら、1.05でも90円越え。

ちなみにオーストラリアの輸出全体に占める日本の割合は、2010年実績で19%。(出典:JETRO
円独歩安なら容認するように思われます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 震災と円相場のdéjà-vu | Main | 米国2年金利はシャープに上昇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 震災と円相場のdéjà-vu | Main | 米国2年金利はシャープに上昇 »