« 古内東子は脱皮した | Main | 蘇った「AFTER 5 CRASH」 »

March 27, 2012

豪ドルと株高の相関性

今日の日経平均は237円高の1万0255円と、震災後の高値を更新。
日本株は、円安による買いからNY株高が牽引する相場へとやや性格を変えつつあります。

Z同じくDOWと比例する豪ドル。
株高→リスクオン→豪ドル買い、という単純構図で説明されます。

ところがグラフのように、3月になってこの関係が変調。
珍しく、逆方向に進んでいます。

理由は中国ハードランディング懸念による豪ドル離れが一番大きそうです。

DOWは中国と関係なしに上がるのに、豪ドルは中国懸念で買いが細った結果、乖離が生まれました。

今後の想定シナリオは3通り。
①DOWが今後下がる。
②豪ドルが今後上がる。
③相関性は薄れた。

私は今、中国株は全く買う気がしませんが、だからといって豪ドルを買えない、とダイレクトに結び付けては考えていません。
また、中国経済のハードランディングは、起こるとしてもまだ少し先の事だと思っているので、今現在はあまり材料視していません。

相場は全体として楽観が優勢のようですが、相場の焦点がドル安へとシフトして円安トレンドが途切れるなら、やはり日本株に大きな期待は出来ないのではないかと思われます。
円が本格的にドルより弱くなるのは中々大変で、アメリカ経済がもっと力強く回復する必要があります。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 古内東子は脱皮した | Main | 蘇った「AFTER 5 CRASH」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 古内東子は脱皮した | Main | 蘇った「AFTER 5 CRASH」 »