« マツダの復活はあるのか | Main | 重慶事変の闇は深い »

March 20, 2012

紅茶スパイ

51iq5k02blel「紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく」の原題は、「For All the Tea in China」。

サブタイトルの「How England stole the World's Favorite Drink and Changed History」が、この本のテーマを簡潔に言い表しています。

盗まれた方の中国人が読んだら、過去の恥辱の歴史が思い出されて血圧が上がりそうです。

主人公のロバート・フォーチュンは、アヘン戦争の後、当時中国が独占していたチャノキ(お茶の樹)をイギリス領だったインドに持ち込んで栽培に成功したことでよく知られています。

イギリスは中国商人の権益から解放され、廉価になった紅茶は「砂糖とミルク入りの栄養ドリンク」として労働者階級に広まって産業革命を支えました。

フォーチュンはその後日本も訪れていて、外国人が見た幕末ものとしてよく知られる「幕末日本探訪記」 の著者でもあります。

19世紀前半に中国内陸部を外国人が訪問するのは生死の危険を伴う大冒険ですが、反面、中国服で変装することで周囲を騙せてしまうなど、外国に関する情報が行き渡っていないノンビリしたところのある時代でもありました。

中国は紅茶貿易の独占的利益を失って衰退し、イギリスの東洋貿易はセイロン(現スリランカ)など更に拡大してポンドが基軸通貨の地位を確固たるものにしていくという推移を考えると、金融的側面からも「歴史を変えた」と言えそうです。

歴史とアドベンチャー、植物に関するサイエンスがミックスし、知的好奇心を程よく満たしてくれる良書です。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« マツダの復活はあるのか | Main | 重慶事変の闇は深い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マツダの復活はあるのか | Main | 重慶事変の闇は深い »