« 5万円では世界に笑われる | Main | J-REIT指数の確認 »

March 23, 2012

PCがトラブった

昨年12月の液晶モニターの基板交換に次いで、今度は自作PCの電源が入らなくなるというトラブルが発生しました。

同様の症状の参考のために記録します。

まずは、電源スイッチを入れても起動が始まらないことが時々あるという現象から始まりました。
最初の頃は、ケーブルを抜き差しすると直ったので放置しておいたら、段々本格的に起動しにくくなり、これはマザーボードの不良に違いないと(なぜか自信たっぷりに)決め付けて即交換。8千円。

数日は好調でしたが、再び同じ現象が発生。
一瞬スッと電源が通じるものの、その後は音なし。
症状は、段々と深刻になって来ました。

一旦起動してしまえば、再起動も問題ないのに、朝一番や帰宅後に立ち上がらないことが多いので、そこでようやく、いわゆる「コールドスタート」(コンデンサーの劣化)の問題だと気が付き、電源を交換しました。

K0000112617使用したのは、オウルテックGBronze S12II SS-620GBという製品(写真)で、1万円前後と少々高めですが、信頼できそうな評価が多かったので決めました。

結果は安定。
12cmのファンで音も静か、かつケース内の風通しも良いようで、CPUの温度も下がりました。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 5万円では世界に笑われる | Main | J-REIT指数の確認 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5万円では世界に笑われる | Main | J-REIT指数の確認 »