« 米雇用統計は悪化 | Main | 何も決められない日本は何を決めてきたのか »

April 07, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(4/3時点)

         (4月3日) (3月27日) (増減)
カナダドル    29487    23737   +5750   
スイスフラン ▲14676   ▲15096   +420
ポンド     ▲8807   ▲11110   +2303
円       ▲65108  ▲67622   +2514   
ユーロ    ▲79480   ▲89129  +9649  
NZドル     5846    3984    +1862
豪ドル     49319    59574  ▲10255   

4/3時点では、豪ドルの弱気が見えるものの、他通貨は小動きか若干のリスクオン模様でした。
但し、米国雇用統計悪化によって、ある程度ポジションオフ(円高)が進んでいるはずです。

Longchartaudusd10m_r今最も懸念されている豪ドルですが、左図のように、対ドルで瞬間的に1.0275まで売られた後すぐに持ち直し、1.03をギリギリ維持したレベルで終わっています。

下げ幅は小さく、今回の結果を深刻には捉えていないようですが、逆に言えば依然ロングポジションが多く残っているため、もう一段の下押しが心配されます。

米国債2年金利は、0.3374%から0.31360%へと、率にして7%も低下。
10年債金利も2.05%と、2月上旬とさほど変わらない水準にまで下がっています。

ドル円は何とか81円台半ばをキープしたものの、米国金利がさらに下がるようなら80円の攻防になってしまうかもしれません。

言うまでもなく、毎年4、5月は神経質な展開ということになっています。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 米雇用統計は悪化 | Main | 何も決められない日本は何を決めてきたのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 米雇用統計は悪化 | Main | 何も決められない日本は何を決めてきたのか »