« 100,000年後の安全 | Main | 卵子はなぜ老化するのか »

April 21, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(4/17時点)

        (4月17日) (4月10日) (増減)
カナダドル   38028    27967  +10061
スイスフラン  ▲13762  ▲9919  ▲3843
ポンド     ▲13051  ▲18784  +5733
円       ▲57803  ▲66084  +8281
ユーロ    ▲118125  ▲101364 ▲16761
NZドル     11939     7170  +4769
豪ドル      48421    39429  +8992

相場は米国景気の回復や新興国の成長期待などを背景に底堅いものの、スペイン中心に欧州不安は燻り続け、やや膠着した状態に入っています。

IMMポジションでは、円売りの減少、ユーロ売りの増加などはリスクオフの方向。
一方でオセアニア通貨はロング増加とリスクオン。
不安と期待が交錯しています。

Longchartaudusd1d_r左の豪ドル/米ドルチャートを見ると、25日線が上値を押さえる状況が2ヶ月続いています。

少し上がると「Sell in May」。

リスク資産全般に、急落を予想する状況ではないものの、欧州次第では、まだ大きく下振れする可能性を残しながらのレンジ相場といったところでしょうか。

なお、米国金利は期待ほど上がりませんが、今のところドル円が80円を割らずに持ちこたえているのは少し注目されます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 100,000年後の安全 | Main | 卵子はなぜ老化するのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 100,000年後の安全 | Main | 卵子はなぜ老化するのか »