« 誰がGREEXITを煽っているのか | Main | バンキア銀行は立ち直れるのか »

May 26, 2012

京都・南禅寺の水路閣

Photo_3GWに京都に行った折り、いつも豆腐料理に気を取られて見逃していた南禅寺の水路閣を見て来ました。

ローマの水道橋を思わせるアーチ状のシェイプ。
煉瓦の風合いが歴史を経て良い感じです。

明治維新で東京に遷都され、景気の落ち込んだ京都復活の一大事業として計画された琵琶湖疏水事業の名残りで、完成は明治23年。

S0990408
この水力で発電所も稼動し、路面電車の電力などにも貢献しました。

橋の上に登ると、今も流れる水路を眺めることが出来ます。




S0021005電力は、急峻な勾配を下れない船を運ぶ鉄道(インクライン)にも使われました。

線路跡は散策路として整備されており、お弁当を食べている人もいます。

当時の意匠・デザインはなかなかに素晴らしく、建設当時は景観を破壊するとして反対の声もあがったそうですが、今やすっかり古都の風景に溶け込んでいるのは見事です。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 誰がGREEXITを煽っているのか | Main | バンキア銀行は立ち直れるのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 誰がGREEXITを煽っているのか | Main | バンキア銀行は立ち直れるのか »