« ギリシャ離れする為替相場 | Main | 【EURO2012】ギリシャが予選突破で選挙はどうなる »

June 16, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(6/12時点)

         (6月12日) (6月5日)  (増減)
カナダドル    9620    14906   ▲5286
スイスフラン  ▲33301   ▲33648  +347
ポンド      ▲23112   ▲2867  ▲20245
円         12307    12073   +234
ユーロ     ▲195187  ▲214418 +19231
NZドル     ▲3885   ▲5530   +1645
豪ドル      ▲45459  ▲51172   +5713

先週ネットロングに転じた円/ドルポジションは、ほとんど変わらず。
ドンドン円高になると考える人は少ないのです。

ユーロはショートの巻き戻し。
実際、ユーロドルは6/3の1.23を底に、1.26まで戻しています。

豪ドルも巻き戻し。
6/5は0.97、6/12は0.99、現在は1.008。
急速に戻り歩調となっています。

豪ドル/米ドルは、現時点でもまだネットショートでしょうが、これが仮にニュートラルに戻るとすると、相場は1.03程度に復帰するものと予想します。

今週末はギリシャの再選挙。
緊縮派勝利でリスクオン、急進左派勝利でリスクオフというのが基本形でしょうが、「ユーロから出て行くなら出て行け」というムードも高まる中、ギリシャ情勢の持つ相場へのインパクトは低下しています。

市場の関心はスペイン、イタリア国債市場や今後のFRBの金融緩和政策に移ろうとしており、足元ではドル安が進行。

市場は、何が起こるか、よりも、起こった後の各国政府・中央銀行の対応を足早に織り込もうとしているように見えます。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« ギリシャ離れする為替相場 | Main | 【EURO2012】ギリシャが予選突破で選挙はどうなる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ギリシャ離れする為替相場 | Main | 【EURO2012】ギリシャが予選突破で選挙はどうなる »