« コモディティ相場は底を打ったのか | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/19時点) »

June 21, 2012

南アフリカ「ランド」は再び人気化するのか

「南アフリカは『資源国』という面と『経済が伸びている新興国』という面の両方を持っていますが、これからいいような気がしているんです。南アフリカランドはチャートもいいと思うんですよ」ソシエテ・ジェネラル島本氏。

Zarjpy1996年以降のランド/円のチャートです。

2006年の19円と比べると、今は半分の「9.6円」。
リーマンショック時までは下がらないとするなら、今は大底圏との見方も出来そうです。

ランドは、高金利通貨でスワップが高いというメリットはあるものの、所詮はマイナー通貨ですから変動も激しく、現在のように円キャリー相場でない時には手がけにくいムードが広がります。

South南アフリカの政策金利の推移。

現在の5.5%は、歴史的な低金利。

Minamiafricaおそらく現地ではゼロ金利という感覚でしょう。

ちなみにCPIと比較すると、ゼロどころか実質マイナス金利。

リーマンショック前の2008年第一四半期、南アのCPIは9~10%、政策金利は11%でした。
国内事情だけで言えば利上げも期待されますが、世界的な低金利の中で、自由度は制限されてしまいます。

株価の方は、どんな感じでしょうか。


Z南アフリカ株ETF(EZA)を、アジアの新興国と比較してみると(直近1年)、タイ(THD)には及ばないものの、中国株(FXI)やインドネシア(EIDO)を凌ぐパフォーマンス。

悪くはないようです。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« コモディティ相場は底を打ったのか | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/19時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コモディティ相場は底を打ったのか | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/19時点) »