« 運用リッチ父さんへの道 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/12時点) »

June 15, 2012

ギリシャ離れする為替相場

まるでカレンダー通り。
「Sell in May」を通過し、6月の声を聞くと同時に豪ドルは反転上昇。
現時点では再び対ドルでパリティを超え、更に上方向を目指す展開となっています。

Longchartaudusd4h_r_2特にこの1週間ほどは上下動を繰り返し、決済しては仕込み、仕込んでは決済、というトラリピの得意なパターンがチャートに出現。

また、今週月曜朝は窓開けスタートとなり、良い意味でのスリップが発生。
その後の窓埋めでまた仕込み、それが間もなく決済されるという楽しいプロセス。

ギリシャの再選挙は目前に迫っていますが、結果はどうあれ、すぐに霧が晴れるわけもなく、混乱してリスクオフ、仕方なく何か対策が出てはリスクオン、といったアップダウンが続くなら、格好の「トラリピ日和」となるかもしれません。

この記事が参考になりましたら BlogRankingに一票をお願いいたします。

|

« 運用リッチ父さんへの道 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/12時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 運用リッチ父さんへの道 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/12時点) »