« 札幌近郊マイナー観光地探訪④(後志の美術館) | Main | なぜオリエンタルランドは1万円を越えたのか »

August 21, 2012

札幌近郊マイナー観光地探訪⑤(石狩地方)

Gaikanまずは川の博物館。
ここは河川事務所内にあるので、営業時間は役所と一緒。
土日は休みです。

私は知らずに土曜日に行ったため、閉門していました。

そこから数km先、石狩海水浴場のすぐ近くにあるのが、いしかり砂丘の風資料館
S0253048

縄文時代の漁業器具などが展示されています。

この辺りは石狩川の河口であり、古来からサケ漁の盛んな地区だったようです。

さらに進むと、はまなすの丘公園。

S0293056

この灯台は、木下恵介監督の大ヒット作『喜びも悲しみも幾歳月』の舞台にもなっています。

ハマナスの最盛期は6月下旬から7月上旬とのことで、残念ながら花は見られませんでした。

札幌市内から小一時間で到達。
手軽なシードライブコースです。


|

« 札幌近郊マイナー観光地探訪④(後志の美術館) | Main | なぜオリエンタルランドは1万円を越えたのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 札幌近郊マイナー観光地探訪④(後志の美術館) | Main | なぜオリエンタルランドは1万円を越えたのか »