« BOOKLIVEが週刊朝日の返金を開始 | Main | 「日本史」の終わり »

October 20, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(10/16時点)

      (10月16日) (10月9日) (増減)
カナダドル   93750   95628 ▲1878
スイスフラン  ▲1192  ▲306  ▲886
ポンド      19599   22572 ▲2973
円        10086   12914 ▲2828
ユーロ     ▲53495 ▲72570 +19075
NZドル     16284   16710 ▲426
豪ドル     38444   39814  ▲1370

目立つのはユーロショートの減少。
ユーロ円は、10/16に102円、その後瞬間的に104円まで上昇しました。

その他の通貨は小動きですが、円は買い残が減少して円安方向です。

ここ数年来、為替相場はユーロに翻弄されてきました。
現実の債務問題は、これからも長く欧州経済を苦しめるでしょうが、かつての大量ショートポジションが解消され、相場を大きく左右するエネルギーは減少しました。
ユーロ/ドルは、どこまで売っても「1.2」まで、ユーロ円は「94円」までだったようです。

現在最もポジションが偏っているのはカナダドル。
今年の夏以降、なぜか急激に増加した買いポジションが、今解消に向かっているところです。

Longchartusdcad1dドル/カナダドルの日足チャートを見ると、1.01近辺へ上昇していく潜在的エネルギーを持っているように感じられます。
このドル買い需要は間接的ながらドル円にもプラス。

昨日NYDOWは200$売られましたが、ドル円はさほど影響を受けず、79.3円を維持。
80円台、そして半年振りの83円台を期待したいところです。


|

« BOOKLIVEが週刊朝日の返金を開始 | Main | 「日本史」の終わり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« BOOKLIVEが週刊朝日の返金を開始 | Main | 「日本史」の終わり »