« October 2012 | Main | December 2012 »

November 30, 2012

J-REIT指数の確認(11/30時点)

Gcexeこの1週間はザラ場安値1047まで調整しましたが、最後は1066。
先週連休前の22日と、ほぼ変らず。

25日移動平均線が丁度1050近辺にあるので、「一瞬割り込んだものの反発」という、良くあるパターンでした。

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/30時点)"

| | Comments (0)

ホテルでNexus7

水曜から3日間出張で、さきほど帰宅しました。

ホテルのインターネットフリーサービスは、もはや当たり前ですが、無線LANの普及は今一歩というところなので、今回はMacotakara_17851_1Logitec 無線LANルータ LAN-W300N/RSBを持って行きました。
価格は3000円弱です。

重量23gですが、ACアダプタが要るので100gちょっとの荷物にはなります。

Continue reading "ホテルでNexus7"

| | Comments (0)

November 27, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(11/20時点)

先週はCMEの発表が遅れました。
本来の23日金曜日はブラックフライデーですから、開示担当者がショッピングに行ってしまったものと思われます。
調べてみると、昨年の11月第四週も同様に遅れていました。

      (11月20日) (11月13日) (増減)
カナダドル  61446    66119   ▲4673
スイスフラン ▲12488  ▲8888   ▲3600
ポンド     730      8228   ▲7498
円      ▲51389   ▲30447  ▲20942
ユーロ    ▲91400  ▲83646  ▲7754
NZドル   17858    19194   ▲1336
豪ドル    64711    68146   ▲3375

目立つのは円ショートの増加ですが、足元では円安が一休みの状態です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(11/20時点)"

| | Comments (0)

November 26, 2012

Kindle本は消費税分安い(2) ~国家と税~

今月中旬、フランス当局がアマゾンに対して2.5億ユーロを追徴したと発表されました。
アマゾンはヨーロッパでの売上を法人税の安いルクセンブルグで申告しているようです。

アマゾンの「税」に対する挑戦的な態度は、狭義では日本の電子書籍販売事業への脅威ですし、広義にはグローバル企業に対する国家の徴税権が一体どこまで有効に機能するかという大きな問題にも発展します。

日本の法人税に関して、アマゾンジャパンは本社の委託を受けているだけで、売主は米国法人。
即ち、我々利用者は「輸入」して買っている(?)といった理屈で課税を免れているようです。

wikiの記載によれば、下記の通り。

2009年7月に東京国税局はアマゾンの流通センター内に米国法人の機能の一部が置かれており、これが法人税法および日米租税条約に規定する恒久的施設であるとして、2003年から2005年について140億円の追徴課税を行った。これに対してAmazon.com側は1億2000万ドルを銀行に供託した。その後日米当局間で協議が行われていたが、2010年6月に暫定的合意に達し、2010年9月に最終合意に至った。日本の国税庁の主張は退けられ、国税庁は銀行供託金の大部分を解放した。(引用終)

Continue reading "Kindle本は消費税分安い(2) ~国家と税~"

| | Comments (0)

November 25, 2012

今年のASEAN株はフィリピンの優勝か

Z_2ASEANの株式市場は、タイ、インドネシアが強く、マレーシアが安定、ベトナムが駄目駄目としたものでしたが、今年は特に後半、フィリピンが断トツに強い結果となっています。

アジア開発銀行は10月、アジア全体(44カ国)の2012年経済成長見通しを6.9%増から6.1%増に引き下げましたが、その中にあってフィリピンは+4.8%→+5.5%と貴重な増額組。

フィリピン最大の産業(?)である「出稼ぎ者からの送金」は、今年も好調を維持。

Continue reading "今年のASEAN株はフィリピンの優勝か"

| | Comments (0)

November 23, 2012

J-REIT指数の確認(11/22時点)

Gcexe1日短い今週でしたが、REIT指数は1053から1067へと1.3%上昇。
今月初めの1066を僅かながらも乗り越え、良い形で終えました。
現在の平均利回りは4.9%まで下がっています。

週足チャートを見ると、2011年はひたすら下げ、今年は基本的に上げ続けるという谷型を形成。
昨年は震災という特殊事情があったとは言え、あまりに極端です。

同じような「陰→陽」パターンを探すと、やはり為替ということになりそうです。

ドル円で見ると、2011年は84→76円、今年は76→82円。
最強通貨から最弱通貨へと変身しています。(参考:円安誘う安倍発言の賞味期限と落とし穴=佐々木融氏

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/22時点)"

| | Comments (0)

November 22, 2012

円建て金価格の確認

D_chtcgi

ドル円は上昇に勢いが付き、現在82円50銭台。

堅調なドル建て価格に円安効果が加わり、円建ての金(ゴールド)価格が最高値に近づいています。

ちなみにドル建てチャートは下。

堅調ではあるものの、やや頭が重い状況で、差は歴然としています。


D_chtcgius


Continue reading "円建て金価格の確認"

| | Comments (0)

November 21, 2012

消費者物価指数の長期推移

Cpi_3
衆院選挙に備えて、自民党安倍総裁がマクロのデフレ対策を争点化しようとしています。

最終的には、そう乱暴なことが出来る訳がないのですが、以前から彼の頭の悪さを懸念する有権者は多いので、動きすぎてマイナスにならなければ良いなと感じられます。

実際のところ、日本の物価はどのような推移を辿ってきたのか。
CPIの長期チャートで良いものが見つからなかったので、年次別データにより作成しました。(データ出所:総務省統計局

Continue reading "消費者物価指数の長期推移"

| | Comments (0)

November 20, 2012

チャイナ・ジャッジ

「チャイナ・ジャッジ 毛沢東になれなかった男」は、薄熙来の人生を浮き彫りにすると同時に、その夫人谷開来が、なぜ英国人ニール・ヘイウッド氏を殺害する必要があったのか、その謎に迫ろうという意欲作です。
不正蓄財で数千億円の資産がある薄家にとって、ほとんどの問題は金で解決できたはずなのです。

Tky201209280413著者の遠藤誉女史は長春生まれ。
70歳を越えてから政治的発言を自らに許すようになり、最近はTVでも中国問題の辛口コメンテーターとして頻繁に登場します。
その独自のチャイナネットワークを活かし、闇に包まれた中国指導部の人間模様を明らかにしていきます。

本書では、薄熙来の父親である薄一波にも多くの記述が割かれています。
薄一波は、自分の名誉を回復してくれた胡耀邦を裏切り、民主化を軍事力で潰すよう鄧小平を動かした権力の亡者として描かれています。

党内で人気の無い薄熙来を中央政界に押し上げるために力を尽くし、執念で99歳直前まで生きました。

Continue reading "チャイナ・ジャッジ"

| | Comments (0)

November 19, 2012

鉄道模型博物館に行った

先日、夕方に横浜で仕事があり、時間が余ったので原鉄道模型博物館へ行きました。

私は鉄道ファンでもなく、普段から新幹線グリーン席よりANAのスーパーシートを好んで移動しているくらいで、何の予備知識も期待も持たず、ただ時間潰しのつもりでした。

しかしながら、このコレクターである原信太郎という人物、常人離れしたトンデモナイ人です。

Continue reading "鉄道模型博物館に行った"

| | Comments (0)

November 18, 2012

最近のガザ地区情勢

日本で離党だ、野合だと騒いでいる間に中東情勢は大変緊迫しています。

Gazaパレスチナは、比較的穏健なファタハと、強硬なハマスに分裂した状態で、ガザ地区はハマスが実効支配しています。

イスラエル軍が14日、ハマスの軍事部門トップのアハメド・ジャバリ氏らを空爆して殺害したことで、一気に緊張が高まりました。

イスラエルは度重なるガザ地区からのロケット攻撃に対する自衛の行動としており、オバマ大統領もそれを追認する発言をしていますが、今回口火を切ったのかどちらなのか、ニュースをググってみてもはっきりしません。

Continue reading "最近のガザ地区情勢"

| | Comments (0)

November 17, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(11/13時点)

      (11月13日) (11月6日)(増減)
カナダドル  66119   74762  ▲8643
スイスフラン ▲8888   ▲303 ▲8585
ポンド     8228    19279 ▲11051
円      ▲30447  ▲40104 +9657
ユーロ    ▲83646  ▲67141 ▲16505
NZドル    19194   19388  ▲194
豪ドル     68146   60317  +7829

円はショート減少と安全方向への動き。
ユーロはまたじわりと弱気が増えています。
豪ドルは買いが増えました。

ドル円が円安方向へ急動意したのは、この直後の14日からです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(11/13時点)"

| | Comments (0)

November 16, 2012

J-REIT指数の確認(11/16時点)

GcexeJ-REIT指数は、この1週間、1040で始まり、安値1022まであって1053で終了。
調整を経て上昇という好ましい結果になりました。

押し目を作ったタイミングで、衆院解散→安倍発言→円安→株高の波も背中を押し、一気にリバウンドして今月初めの水準まで戻りそうな勢いとなっています。

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/16時点)"

| | Comments (2)

中国共産党は後退した

中国共産党の新政治局常務委員の顔ぶれは、政治改革を求める視点から見てガッカリの結果となりました。

落選組を見ます。

20120422103722112まずは汪洋・広東省党委書記(57)。
あの薄熙来の最大のライバルと言われ、鳥坎(うーかん)村の抗議行動を民主的な方法で収束させた改革開明派の代表格。
年齢的には次がありますが、果たして間に合うかどうか。

20091216165609329李源潮・党中央組織部長(62)。

胡錦濤に近く、今夏の党高級幹部の評価ではトップだったと報道されています。

清廉さでも定評があると言われていましたが、あえなく落選。

Liuyandong劉延東(66)。女性です。

上海市党委書記であった陳良宇が2006年に社会保障基金の不正で失脚した後、胡錦濤は劉延東を推したものの江沢民が反対し、習近平になったという因縁があります。

Continue reading "中国共産党は後退した"

| | Comments (0)

November 15, 2012

時代のゲームは麻雀から将棋へ変化している

昨日、野田総理は、解散宣言を党首討論という公開の場で行い、しかも2日後という従来の常識では考えられない短い期限を設定。

そして、衆院定数削減、TPP参加と次々に踏み絵を繰り出して敵味方双方を驚かせ、市場を動かすサプライズとはこういうことだ(?)、という役者振りを見せ付けました。

かつて学生、サラリーマンの必修科目だった麻雀は、手の内を隠すことが認められ、考慮時間の制限もありません。
将棋は全てオープン、近代になって時間制限が付き、最近ではネットで棋譜が公開され、「新手」の寿命も一瞬です。

Continue reading "時代のゲームは麻雀から将棋へ変化している"

| | Comments (1)

November 14, 2012

アマゾンの段ボールが大き過ぎる訳

320x240x50feeed26d5b60b92925319b←借り物写真ですが、小さな緑色のものは”消しゴム”。

アマゾンの過剰包装については、多くの人が不満に思っているに違いありません。
そもそも商品の大きさに対して箱が大き過ぎるのです。

理由を想像してみます。

①配送業者への配慮

宅配業者の立場からすれば、中身がどうあろうと段ボールの大きさは統一されている方が、車に積みやすく、運びやすいでしょう。
また、小さ過ぎると運送中に紛失するリスクも高くなります。

Continue reading "アマゾンの段ボールが大き過ぎる訳"

| | Comments (0)

November 13, 2012

ソニーがiTunesに邦楽配信

先週11月7日からソニー・ミュージック・エンタテイメント(SME)は、iTunesに対して日本人アーティストの楽曲の提供を始めました。

「今さらか」「遅すぎる」「だからSONYは駄目」といった反応も見られますが、やらないよりは評価されます。

これに先駆け、10月1日には「mora(モーラ)」が、DRMフリー化しています。

但し、拡張子の「mp4」を「m4a」にしないとitunesが認識しない、さらにipodで再生するにはitunesでのコンバートが必要なケースがあるなど、依然として妙な意地(?)は残っています。

Continue reading "ソニーがiTunesに邦楽配信"

| | Comments (0)

November 11, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(11/6時点)

      (11月6日) (10月30日) (増減)
カナダドル  74762   78771  ▲4009
スイスフラン ▲303   2366   ▲2669
ポンド    19279    23403  ▲4124
円     ▲40104   ▲37020 ▲3084
ユーロ  ▲67141    ▲58204 ▲8937
NZドル   19388    16745  +2643
豪ドル    60317    52090  +8227

オセアニア通貨のみがプラス。
円はショートがやや増えました。
ユーロは、じわじわ弱気拡大。

いわゆるリスクオンとオフが入り交じった状態で、株式の世界では「気迷い」などと表現したりします。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(11/6時点)"

| | Comments (0)

November 09, 2012

Nexus7をケースに入れてみた

ImagesNexus7を持ち歩くに当たり、やはり裸では不便。

ネット上で探してみると、どうやら「MOKO」と「Acase」、両メーカーのものが良さそうに思いました。

MoKo Slim Cover Case with Stand for Google Nexus 7

Acase PU レザーケース for Google Nexus 7

Continue reading "Nexus7をケースに入れてみた"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認(11/9時点)

Gcexeようやく調整しました。

先週11/2の1065から2%強下がって1040。
ぴったり25日移動平均線上にいます。

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/9時点)"

| | Comments (0)

November 04, 2012

エネルギー論争の盲点

「エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う 」は、昨年秋に買って読みました。

なぜそんな昔のことを思い出したかというと、最近 you tubeで、著者の石井さんの講演「石井彰 エネルギー・環境問題研究所代表  2012.4.3 」を見つけたからです。(これも半年以上前のものですが)

本を買わなくても、you tubeで十分要旨はわかりますし、むしろ著者のシニカルな性格をより良く感じ取ることが出来ます。

Continue reading "エネルギー論争の盲点"

| | Comments (0)

ソニー決算に見える薄明かり

07_image今や市場でのソニーの存在感は薄れ、「ソニーショック」を起こす力さえもありません。
繰延税金資産の取崩し等により、過去2年間で7000億円の最終赤字。
投資家も赤字慣れしてしまいました。

今中間決算は、相変わらず最終赤字ですが、液晶パネル事業からの撤退で営業増益。
往年の力は失われたソニーですが、依然として強みもあります。

デジカメのイメージセンサーでは世界4割のシェア、DSC-RX100は市場ニーズをしっかり意識した商品です。
プロ用放送機器では世界7割のシェア。
Xperiaには一定の競争力があります。

Continue reading "ソニー決算に見える薄明かり"

| | Comments (0)

November 03, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(10/30時点)

       (10月30日)(10月23日)(増減)
カナダドル  78771    89088  ▲10317
スイスフラン  2366     2361   +5
ポンド     23403    18397  +5006
円       ▲37020  ▲18196 ▲18824
ユーロ     ▲58204  ▲55219 ▲2985
NZドル    16745    16349  +396
豪ドル     52090    45651  +6439

また円ショートが大きく増えました。
実際の為替市場ではドル円が再び80円に乗せており、円安基調は継続しています。
但し、今年2~4月の円安局面と比較すると、ポジションの割には円安の勢いが弱いように感じられます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(10/30時点)"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認(11/2時点)

GcexeJ-REIT指数は今週も1053→1065と上昇。
チャートは週足です。

セルインメイは、絶好の仕込み時だったことがわかります。

それにしても休みなしの上昇が続き、そろそろ「やれやれ売り」が出てもおかしくないレベルですし、少し速度オーバー気味にも見えます。

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/2時点)"

| | Comments (2)

November 01, 2012

パナソニックがS安

昨日パナソニックは、業績を下方修正。
連結通期予想は、500億円の黒字から7650億円の赤字とドラマティックに悪化しました。

内容としては、繰延税金資産の取り崩しが4125億円、のれん代等の減損が3254億円ですから、今の業績であれば避けられない経理処理を前倒ししたとポジティブに見る(?)ことも可能です。

しかしながら、今春参入した欧州でのスマホ事業の撤退などは、現時点での経営判断能力に疑問を持たせるのに十分な迷走。

今日の株価は、S安寄り付き、ショートカヴァーの反発後に再度S安という悪いパターンで、暗い先行きを暗示しています。

Continue reading "パナソニックがS安"

| | Comments (0)

トラリピの結果(10月)

設定は従来どおり、「豪ドルの対円、ドルでの買い→売り」。

Longchartaudusd1d_r10月の豪ドル/米ドルは、月初に下落したものの、その後はほぼ一貫して右肩上がりとなり、1.02から1.04近辺までの上昇を見せました。

Continue reading "トラリピの結果(10月)"

| | Comments (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »