« ソニー決算に見える薄明かり | Main | J-REIT指数の確認(11/9時点) »

November 04, 2012

エネルギー論争の盲点

「エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う 」は、昨年秋に買って読みました。

なぜそんな昔のことを思い出したかというと、最近 you tubeで、著者の石井さんの講演「石井彰 エネルギー・環境問題研究所代表  2012.4.3 」を見つけたからです。(これも半年以上前のものですが)

本を買わなくても、you tubeで十分要旨はわかりますし、むしろ著者のシニカルな性格をより良く感じ取ることが出来ます。

著者は元日経記者。
原発ゼロ運動は、文化人と自称する人が陥りやすいマルクス主義的ユートピア幻想の再来であるという見方を示しています。

要するに現実を見たら、このあたりの選択肢しかないんじゃないの、と言っているだけの内容ですが、それが日本では貴重で啓発的と一部で賞賛されるというのが、いかにも日本らしいところです。

理想の社会を目指して頑張って進もうというタイプの人には、全く向かない本です。

|

« ソニー決算に見える薄明かり | Main | J-REIT指数の確認(11/9時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ソニー決算に見える薄明かり | Main | J-REIT指数の確認(11/9時点) »