« 韓国のジレンマ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(12/11時点) »

December 14, 2012

J-REIT指数の確認(12/14時点)

Gcexe先週と変らずの1064で引けましたが、週半ばには弱気のサインが出たと判断していたので、意外にも強く切り返して終えたという印象を残しました。

円安トレンドが続き、今日ザラ場中にはドル円が84円直前まで買われるなど、良好な外部環境によるリスク許容量の増加に助けられています。

加えて今日は、フロンティア、ジャパンエクセレント、森ヒルズ、大和レジの4銘柄が、FTSE EPRA / NAREIT Global Real Estate Index Series に組み込まれると発表されたことを材料に急伸。
特に森ヒルズは6.8%も上昇。

他銘柄にも好影響をもたらして、ほぼ全面高となりました。

来週は、選挙後の「現実売り」による円高がどの程度のものなのかが焦点と思われます。

|

« 韓国のジレンマ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(12/11時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 韓国のジレンマ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(12/11時点) »