« 中国の不動産が回復基調 | Main | J-REIT指数の確認(12/21時点) »

December 22, 2012

シカゴ筋ポジションの確認(12/18時点)

       (12月18日) (12月11日)(増減)
カナダドル  74278     62533   +11745
スイスフラン  4280    3209    +1071
ポンド     28036    27954   +82
円      ▲89163   ▲94401  ▲5238
ユーロ    ▲9736   ▲31623  +21887
NZドル    14230     24600   ▲10370
豪ドル     97496    103376  ▲5880

日本の選挙直後の12/18時点。
さすがに円ショートが少し減りましたが、その量は僅か。
ユーロは悲観が大きく後退し、ほぼニュートラルなポジションまで回復しました。
ユーロが上がるはずです。

オセアニア通貨は警戒感から調整です。

安倍次期総理のおかげで、世界中が日本に注目。

クリスマス休暇を取る前に、周囲に負けない日本株ロング、円ショートポジションを構築しておかないといけない!
乗り遅れリスクが過剰に意識され、普段日本株をトレードしていない人たちまで慌てて参加してきてるのが目に見えるようです。

長期的に見て円高トレンドが変化した可能性は高そうですが、原発を稼働すれば貿易赤字は減りますし、世界の通貨安競争は終わらず、何か問題が起これば円高圧力が増す構造自体は変わっていません。

次期政権は国家財政の危機を過小評価し、リフレ派の主張する経済効果を過大評価していそうですが、この立ち位置は多くの知見を得て訂正する必要があります。

自民党の中には、バランス感覚に優れた政治家がたくさん存在するはずなので、今回の期待を良い踏み台として、浮かれずに地道な政策を積み重ねるように期待したいものです。

|

« 中国の不動産が回復基調 | Main | J-REIT指数の確認(12/21時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中国の不動産が回復基調 | Main | J-REIT指数の確認(12/21時点) »