« 住宅価格の上昇は中国のジレンマ | Main | 日本の貿易収支・経常収支の確認 »

March 25, 2013

とうとうボロリートにまで資金が回ってきた

運用されている方には失礼な言い方で申し訳ありませんが、これまで避けられていたB級(C級?)リートにまで本格的に買いの手が伸びてきました。

今日のJ-REIT市場、上昇率ベスト6です。

①平和不動産リート +9.2% (不人気の総合型、元はクレッシェンド投資法人とジャパンシングル投資法人)
②MIDリート +8.0%(不人気立地の大阪OBP、メインテナントはリストラ中のパナソニック)
③大和証券オフィス +7.2%(元ダヴィンチ、利回りたったの2.5%は大手並)

④ケネディクス・レジデンシャル +6.3%(時価総額たったの160億円台、ただし利回り4.7%はJ-REIT最高位)
⑤インヴィンシブル +6.0%(こちらも時価総額180億円台とスモールサイズでインビジブルと皮肉も。元エルシーピー投資法人と東京グロースリート投資法人と言っても誰も覚えちゃいない?)
⑥ジャパン・ホテル・リート +6.0% (配当年1回だけはシブイ、特に金融機関には中間決算に反映されないと不人気)

要するに花見気分のお祭りですね。
二日酔いには注意しましょう。

|

« 住宅価格の上昇は中国のジレンマ | Main | 日本の貿易収支・経常収支の確認 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 住宅価格の上昇は中国のジレンマ | Main | 日本の貿易収支・経常収支の確認 »