« 日経平均▲1143円 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/21時点) »

May 24, 2013

J-REIT指数の確認(5/24時点)

GcREIT-INDEXは、先週が1476で、今日は1369。
7.2%も下がり、チャート形状も非常に悪くなっています。

今週のザラ場安値は今日の1332。
先週の1324を辛うじて上回ってはいますが、反発力は弱く見えます。

先週、ポイントは金利動向と申し上げましたが、国債市場だけでなく、東証全体がボラタイル。
小さなJ-REIT市場は、大波に翻弄されました。

JーREITの歴史の中で、長期金利は高い時で2%もありましたから、絶対金利水準として現在の0.8%台は全く問題ありません。

前回、日経平均が15000円台だった2007年後半、長期金利は1.5%を越えていました。
にも関わらず、今は1%になっただけで大騒ぎ。

黒田総裁は、「出ていけ」と喧嘩を売ってから慌てて手招きしているようなところがありますし、そもそも、これだけ円安株高が進んでいるのに長期金利はもっと低い水準で押さえ込まなければいけない、という目標設定が正しいのかどうか。
市場参加者はストレスを感じています。

今の政権は、経済をコントロールしようという意識が強すぎて、消費税還元セール禁止とか、馬鹿な事を言い出す傾向があります。

長期金利は市場が決めるもの、成長戦略は企業が決めるもの、何をいくらで買うかは消費者が決めるもの。

親分の意向に逆らえない国債市場は居心地が悪い。
かといって逃げ出すと批判される。

何だか面倒だから国債市場に近いものからは出来るだけ距離を置こう、と人々が思うようになってきたとしたら、それは問題でしょう。

|

« 日経平均▲1143円 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/21時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日経平均▲1143円 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/21時点) »