« 日経平均は使えない | Main | 米国債のバタフライスプレッドが高い »

June 04, 2013

ドル円は一時98円台

Longchartusdjpy30m昨夜は錦織-ナダル戦と為替相場を同時にチェックしていました。

ドル円相場は、なかなか激しかったのでチャートを残しておきます。

23時発表のISM製造業景況指数が、予想の51.0に対して49.0とネガティブだったのが合図。

貯まっていた円売りポジションをストップロスに追い込もうという思惑で、丁度日付けを変わろうとする辺りで攻撃が激しくなり、スプレッドが大きく開いたまま98円台に突入するのは見物(みもの)でした。

米国ETFを買う資金を作っておきたかったので、99円台では少しドルに両替しました。
DOWはドル安と金利低下を好感して+138$。

今日の東京市場は、円高とNY株高、どちらに反応するのかが注目されましたが、↘↗という結果となり、TOPIXは+2.6%。

日本株には大分アク抜け感が出てきましたので、あともう1、2度ミニパニックがあると良いのではないかと思われます。

現在ドル円はあっさりと100円台カムバックですが、戻りが早すぎるので、再度の100円割れの可能性を考えておきたいところです。

いずれ米国金利はもう少し高い地点まで行くとは思いますが、FRBがQE終了を急ぐ理由は無いので、先走る市場心理よりは、かなり時間がかかるかもしれません。

雇用統計は、そこそこの数字が一番良いということでしょうか。

|

« 日経平均は使えない | Main | 米国債のバタフライスプレッドが高い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日経平均は使えない | Main | 米国債のバタフライスプレッドが高い »