« June 2013 | Main | August 2013 »

July 31, 2013

里見女流4冠は四段になれるのか

8sfgkjlrtiomjymvin2jgk5379h5zzq1bmz男性と同じ条件で将棋のプロ(四段)を目指す、”出雲の稲妻”こと里見香奈さん(21歳)が、二段に昇段しました。

奨励会の規定では、初段~三段までの昇段条件は、「8連勝、12勝4敗、14勝5敗、16勝6敗、18勝7敗のいずれかの成績」。
今回里見さんは、直近成績が12勝4敗をクリアしました。

奨励会入会以降のプロセスは、

2011年5月 奨励会1級
2012年1月 同初段(1級で入会後8ヶ月)
2013年7月 同二段(初段昇段後1年6ヶ月)

Continue reading "里見女流4冠は四段になれるのか"

| | Comments (0)

July 29, 2013

戸井十月さんが死去

723f83ees作家の戸井十月(とい じゅうがつ)さんが亡くなられました。
享年64歳、肺がんと報道されています。

私は彼の熱心な読者ではありませんでしたが、NHK-BSHiで放送された「戸井十月 ユーラシア横断3万キロの旅」が好きで、Blu–rayで保存してあります。

戸井さんの父は、秩父事件(明治17年の農民蜂起事件)の研究で名高い、画家の戸井昌造氏。
胃癌のため77歳で死去。

この親子は非常に仲が良く、昌造氏が亡くなるまで同居していたそうです。
二人にはジャーナリスティックな共通項があったのだと思われますが、十月氏は父親の年齢まで生きられませんでした。

Continue reading "戸井十月さんが死去"

| | Comments (0)

July 28, 2013

英国王室は不動産王

英国のウィリアム王子夫妻に、お世継ぎの「ジョージ」が誕生し、祝賀ムードに包まれているイギリス。

英国王室が多額の不動産を所有していることは良く知られており、その額は100億ドル(1兆円)とも言われています。
年間3%の利回りでも、300億円の収入があることになります。

英国王室は、1066年ウィリアム1世のノルマン・コンクエスト(征服)に始まるとされます。
ウィリアム1世はフランス人であり、ウィリアムはギヨーム(Guillaume)の英国読みです。

ちなみに「ジョージ」は、ドイツ人名ゲオルクの英国読み。
ジョージ1世となったゲオルク・ルートヴィヒ(Georg Ludwig)は、ハノーファー生まれのドイツ人です。

Continue reading "英国王室は不動産王"

| | Comments (0)

July 27, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(7/23時点)

        (7月23日) (7月16日) (増減)
カナダドル   ▲16758  ▲20043 +3285
スイスフラン  ▲5433   ▲4969  ▲464
ポンド      ▲49653  ▲37446 ▲12187
円        ▲87496  ▲85762 ▲1734
ユーロ     ▲27900  ▲37165  +9265
NZドル     ▲1846   ▲2744  +898
豪ドル     ▲63982  ▲70686  +6704

円ショートは若干の増加。
ユーロ、オセアニア通貨には、ポジション巻き戻しの兆候が出ています。

米国の金利上昇に一服感が生じ、ドル買い一辺倒の気分が変化していることの現れと思われます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/23時点)"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認(7/26時点)

Gcexe今週は、1371.16→1371.74。
益々動きが少なくなってきました。

今月の日銀は、1日に1億円買っただけ。
J-REIT市場は、強い凪に入りました。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/26時点)"

| | Comments (0)

July 26, 2013

「中国の軍事的脅威」が崩壊する日

20224_120367191_001_001_l「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 (Voice S)は、日高義樹氏が月刊誌『Voice』2013年2月号に寄せた記事を電子化したものです。

記事のポイントは、米海軍が中国海軍に対して軍事技術で大いに勝っており、習近平を第二のゴルバチョフ(軍備競争でレーガンに負けて国を崩壊させた)にしようと考えるほど自信を持っているという点にあります。

Continue reading "「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 "

| | Comments (0)

July 25, 2013

ニュージーランドドルは強い

Longchartnzdusd1d_r煮え切らない動きのオージーに比べ、キウイは明快。
対ドルでは0.77を底に、現在は0.8を越えています。

IMMのポジションは久々のネットショートになっていますから、投資家のNZDポジションは軽く、買いに行きやすい状況だとも言えます。

Continue reading "ニュージーランドドルは強い"

| | Comments (0)

July 24, 2013

豪ドルの反発は続くのか

Longchartaudusd1d_r過去最大規模のショートポジションが累積されている豪ドル。

今月に入り、巻き戻しを予想した声は、7/12に0.9にタッチした瞬間悲鳴に変わり、更なる弱気相場の始まりかとも思われました。

現在のチャートを素直に見ると、誰もがアカンと思った時が実は当面のセリングクライマックスで、現在はショートポジションの方がやや苦しそうに見えます。

Continue reading "豪ドルの反発は続くのか"

| | Comments (0)

July 21, 2013

破産都市はよみがえるか

Img_1514454_62626254_13デトロイト市の財政破綻が大きなニュースとなっている絶好(?)のタイミングで、NHKBS放送ドキュメンタリーWAVE、「破産都市はよみがえるか~アメリカ・カリフォルニアからの報告~」が放送されました。

舞台は、アメリカの連邦破産法に基づき、破産宣告を受けたカリフォルニア州ストックトン市で、人口30万。
サンフランシスコから東へ約100km。

日本で言うと、横浜のベッドタウン的な座間市(人口13万人)が破綻したくらいのイメージで良いのではないでしょうか。

Continue reading "破産都市はよみがえるか"

| | Comments (0)

変化への対応に苦しむウィンテル

アメリカでは、4-6期決算発表シーズンです。

Msft_219日のNY市場では、マイクロソフト(MSFT)株が、決算失望で11.4%も下落しました。
DOW採用銘柄が、これほどドカ下げするのも珍しいので、記録に残しておきます。

EPS:予想75¢に対して結果59¢
売上高:予想207億ドルに対して結果199億ドル

EPSを単純に4倍して計算すると、PER13.3倍まで売り込まれたことになります。

Continue reading "変化への対応に苦しむウィンテル"

| | Comments (0)

July 20, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(7/16時点)

       (7月16日) (7月9日) (増減)
カナダドル ▲20043  ▲23829  +3786
スイスフラン ▲4969  ▲1776  ▲3193
ポンド    ▲37446  ▲34259 ▲3487
円      ▲85762  ▲80305 ▲5457
ユーロ   ▲37165  ▲40900  +3744
NZドル   ▲2744   ▲1008  ▲1736
豪ドル   ▲70686  ▲63255  ▲7431

依然として大勢はドル買いの方向です。
但し、米国の金利上昇が一休みしているため、カナダドルとユーロに買い戻しが入るなど一服感も見られます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/16時点)"

| | Comments (0)

July 19, 2013

J-REIT指数の確認(7/19時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は、1413→1371と2.3%下落。

先週後半の上昇分を吐き出す軟調な展開ですが、いずれにせよ、さざ波程度の動き。
少しだけ持っていますが、値動きを気にしてイライラすることも無くなりました。

J-REIT市場に大きな影響を与える国債市場の不安定さも表面上は無くなりましたが、秘かに日銀が買い支えしているのではないかとの見方もあります。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/19時点)"

| | Comments (0)

July 18, 2013

ケネディクス・レジデンシャルが増資

たまたまPOの話題が続きますが、ケネディクス・レジデンシャル投資法人が昨日17日にローンチしました。

現在の発行投資口総数74,690口に対し、170,000口(OA分5000口含む)。

通常は希薄化率20%でも、結構来てるね、という感じですが、こちらは228%。
もはや希薄化という概念を超越しています。

Continue reading "ケネディクス・レジデンシャルが増資"

| | Comments (0)

July 17, 2013

大型増資が続く東京市場

今月に入ってからの3件の増資案件をざっと振り返ります。

まずは7/3発表の「電通」。

発行済み株数278,184千株に対し、新規公募11,000千株(OA分3,000千株含む)、売出し29,000千株。
予定調達資金は1200億円余りと大きいのですが、売出し株比率が高いため、希薄化率は約4%と低くなっています。

株価は7/3の終値3475円に対し、翌日が9%安の3155円。
これは希薄化率からすると少し過剰反応だったようで、今日17日は3265円まで戻っています。

Continue reading "大型増資が続く東京市場"

| | Comments (0)

July 14, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(7/9時点)

        (7月9日) (7月2日) (増減)
カナダドル  ▲23829   ▲16250 ▲7579
スイスフラン ▲1776     ▲116 ▲1660
ポンド     ▲34259   ▲31324 ▲2935
円       ▲80305   ▲70736 ▲9569
ユーロ     ▲40900  ▲16090 ▲24810
NZドル    ▲1008   ▲1174   +166
豪ドル     ▲63255  ▲70515  +7290

オセアニア通貨以外は「ドル買い」方向です。

しかしながら、この直後のバーナンキ発言をきっかけに、ドルロングポジションの解消によるドル安が発生。
但し、オセアニア通貨、特に豪ドルは、上昇した後に一転して直近安値を更新するなど、荒っぽい展開となりました。

豪ドルショートポジションの巻き戻しシナリオは、遠のいたようです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/9時点)"

| | Comments (0)

July 13, 2013

J-REIT指数の確認(7/12時点)

Gcexe今週は、1396→1413と1.2%上昇。
チャート形状からは再浮上の初動と見えなくも無いのですが、明らかにバーナンキ発言による金利低下への反応と思われるので、持続性については分かりません。

12日は、星野リゾート・リート投資法人がIPO。
公募価格51万円に対して初値57万円、終値589千円と好調な船出となりました。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/12時点)"

| | Comments (0)

July 12, 2013

なぜ原油だけは上がるのか

Z金投資ブームが去り、コモディティ相場全体に元気がない今日この頃ですが、原油は元気です。

近代工業国家の基本とも言える石油は、ドルの代替物としての性格も強く、かつてはユーロと同じ動きをしていたものです。

しかしながら最近は、シェールガス革命や爆食中国の成長鈍化もあり、原油に資金を振るのはスマートではないというイメージさえ感じられていました。

Continue reading "なぜ原油だけは上がるのか"

| | Comments (0)

July 11, 2013

バーナンキ発言で円高に

日本時間7月11日早朝のバーナンキ発言は、タカ派がハト派に急変したかのようで、市場に驚きが走りました。

「現在の失業率7.6%という数字は労働市場の健全性を過大評価している可能性がある。インフレ率はFRBが目標とする2%を下回っていて、低すぎるインフレは好ましくない。更に、財政政策は緊縮的にならざるを得ない。当分は強めの金融緩和政策が必要だ」

緩和縮小を早急に織り込み過ぎる長期債市場へ、「俺は前から急がないと言っているだろう。これで分からないなら、分かるように言ってやる」という気持ちでしょうか。

Continue reading "バーナンキ発言で円高に"

| | Comments (0)

July 10, 2013

1分で分かるシャドーバンキング

201307022368201l・2008年、リーマンショックによる景気冷え込みの対策として、中国は4兆元(64兆円)の景気対策を指示。
但し、中央政府が用意したのは2000億元(3.2兆円)のみ。
残り3.8兆元は自分で調達しろと、国有企業と地方政府に丸投げした。

・国有企業は銀行から借りて資金を用意。
地方政府は銀行から直接借入れできないため、投資会社を経由する迂回融資で資金調達し、不動産開発事業やインフラ建設を進めた。

・ところが、そもそも3.8兆元の予定だったにも関わらず、2010年末に調べてみると10.7兆元(171兆円)にも膨張していたことが判明。
中央政府は銀行へ貸出規制を指示し、銀行融資がストップ。

Continue reading "1分で分かるシャドーバンキング"

| | Comments (0)

July 09, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(7/2時点)

        (7月2日) (6月25日)(増減)
カナダドル  ▲16250   ▲10638 ▲5612
スイスフラン  ▲116     2464  ▲2580
ポンド    ▲31324   ▲19429 ▲11895
円      ▲70736   ▲61462 ▲9274
ユーロ    ▲16090   17357  ▲33447
NZドル   ▲1174    ▲711   ▲463
豪ドル    ▲70515   ▲61644 ▲8871

遅れていたCMEのポジションの発表。

増減は全てマイナス。
金利が上昇する米ドルを買いたいという投資家の方向性は明確です。

一番売られたのはユーロで、一気にマイナス。
円や豪ドルも記録的なショートポジションを積み重ねています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/2時点)"

| | Comments (0)

July 08, 2013

騎手の一分--競馬界の真実

B7203b4fs「騎手の一分--競馬界の真実 」は、良く売れているようです。

私は競馬に詳しくないので、筆者の藤田伸二騎手の名前も知りませんでしたが、楽しく読めました。

Continue reading "騎手の一分--競馬界の真実"

| | Comments (0)

July 07, 2013

米国経済は金利上昇に耐えられるのか

6月の雇用統計は強く、米長期金利は2.74%まで上昇。
5月下旬に2%台に乗ってから短期間で3%が視野に入ってきましたが、今のところ株価は崩れずに持ち堪えています。

Dow5yDOWと長期金利(TNX)の5年チャートです。

Continue reading "米国経済は金利上昇に耐えられるのか"

| | Comments (0)

July 06, 2013

米国経済は内需が牽引

6月の全米非農業部門就業者数の増加は195千人。
4月が199千人、5月が195千人と改訂され、まるで作ったかのように20万人ペースが続いています。

6月の内訳を見ると、製造業がマイナス6千人ながら、建設業が+13千人、鉱業・林業が+1千人。
これらを合計した二次産業(goods-producing)全体で+8千人。

一方、サービス業は全体で+194千人と、増加の殆どを占めます。
好調な自動車販売や住宅関連用品などで小売りが+37千人、ヘルスケア部門が+23千人、専門・ビジネスサービス+53千人、レジャー部門75千人など。

こうした傾向は、ここ数ヶ月同じで、モノ造り系はトントンながらもサービス業の雇用増が、20万人増加ペースを支えています。

Continue reading "米国経済は内需が牽引"

| | Comments (0)

July 05, 2013

J-REIT指数の確認(7/5時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は、見事なくらいの横這い。
1396.67から→1395.76と、週間で0.07%下げというミクロの世界の動きでした。

現在の水準は、売り買いが拮抗し、「買い急ぎたくないレベル」であるように思われます。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/5時点)"

| | Comments (0)

July 03, 2013

ブックオフとハードオフ

Img_970768_41888709_0004_080101_35
この2社、ロゴも業種も似ていますが、株価も似てきました。

この1年間、ブックオフが700円前後でウロウロしている間に、ハードオフが500円前後から4割ほど上昇して猛追して来たのです。

現在のバリュエーションを比較しておきます。

        株価  PER 時価総額  配当利回り
ブックオフ  704円 13.1倍 137億円   3.55%
ハードオフ  699円 8.6倍  98億円   3.58%(記念配除く)

先輩のブックオフが時価総額で4割ほど上回るものの、割安度ではハードオフの方が勝っているといったところでしょうか。(注:ハードオフの業績予想には450Mの一過性特別利益が含まれているので、それを除くとPERは10倍程度と思われます)

Continue reading "ブックオフとハードオフ"

| | Comments (0)

July 01, 2013

WILLCOMの会社更生法手続きが完了

中年層には、「DDIポケット」という名前の方が通りが良かったりしますが、PHS事業のウィルコムが更生債権の返済を前倒しで完了し、晴れてソフトバンク(SB)の連結子会社となりました。
株式会社ウィルコムの会社更生手続終結に伴う連結子会社化に関するお知らせ

元々の計画では、410億円の債務を2011年から6年間で弁済するというものだったようですが、SBから271億円を調達して一気に片を付けてしまったようです。

リリースに依れば、2013/3期のウィルコム決算は、売上1693億円、経常利益67億円と好調。
EPSは25,697円となっています。

前身のDDIポケットはKDDIの子会社でしたが、auを傘下に持つKDDIが競業を嫌ったこともあって、2004年にカーライルに売却。

Continue reading "WILLCOMの会社更生法手続きが完了"

| | Comments (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »