« 1分で分かるシャドーバンキング | Main | なぜ原油だけは上がるのか »

July 11, 2013

バーナンキ発言で円高に

日本時間7月11日早朝のバーナンキ発言は、タカ派がハト派に急変したかのようで、市場に驚きが走りました。

「現在の失業率7.6%という数字は労働市場の健全性を過大評価している可能性がある。インフレ率はFRBが目標とする2%を下回っていて、低すぎるインフレは好ましくない。更に、財政政策は緊縮的にならざるを得ない。当分は強めの金融緩和政策が必要だ」

緩和縮小を早急に織り込み過ぎる長期債市場へ、「俺は前から急がないと言っているだろう。これで分からないなら、分かるように言ってやる」という気持ちでしょうか。

なお、あくまでFOMCは合議制。
6月の議事録には、投票権を持たない理事も含めて19名の約半数が年末までの資産購入終了を望んだ、とも書かれており、年内に緩和縮小策が実施される可能性は依然として高いと思われますが、9月から始まるかのような一部報道は前のめり過ぎている、と言いたかったのかもしれません。

Longchartusdjpy1d想定通り、ドル円は100円割れ。
一時は98円20銭近辺まで下落しましたが、25日移動平均線を見れば当然の調整でもあります。

ドル安に連れてオセアニア通貨も対円で売られていますが、対ドルでは以前より堅調になっています。

引き続き豪ドル/円、NZD/円に少しだけ期待しつつ、ユーロ/ドルの高いところがあれば売ってみたいと思います。

|

« 1分で分かるシャドーバンキング | Main | なぜ原油だけは上がるのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 1分で分かるシャドーバンキング | Main | なぜ原油だけは上がるのか »