« 北海道は観光客が多かった | Main | シカゴ筋ポジションの確認(8/13時点) »

August 16, 2013

J-REIT指数の確認(8/16時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は、1346.55→1345.80。
僅かに下げました。

日本の長期金利は、13日に0.73%と直近の最低を記録したものの、米国長期金利は昨日2.76%と逆に上方へブレイク。

エジプト情勢の悪化等による不安心理もあり、じっくりとリスク資産を保有し続けるのに適した地合いとは言えなくなっています。

不動産経済研究所が12日発表した7月度の首都圏マンション動向に依れば、

7月の発売戸数は5306戸と、前年同月比32%増。
契約率は81.6%と、引き続き好調を維持しています。

月島のキャピタルゲイトプレイス(410戸、平均7100万円)といったプチ高額物件が完売するなど、富裕層が動いている実感があります。

資産効果、低金利、消費税前駆け込み、インフレの予感など、個人の購買意欲を刺激する条件には事欠きません。

一方で、事業法人のオフィスニーズが活発になっているという具体的なニュースは耳に入ってきません。

海外に居住用資産を持つ選択肢の無い個人の行動と、オフィスも工場立地も世界戦略の中で考える法人の判断との差が、ますます際だって来ているような気がします。

|

« 北海道は観光客が多かった | Main | シカゴ筋ポジションの確認(8/13時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 北海道は観光客が多かった | Main | シカゴ筋ポジションの確認(8/13時点) »