« July 2013 | Main | September 2013 »

August 31, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(8/27時点)

        (8月27日) (8月20日) (増減)
カナダドル   ▲24959   ▲9544  ▲15415
スイスフラン    402      291   +111
ポンド     ▲38226  ▲39522   +1296
円       ▲78353  ▲71721  ▲6632
ユーロ     40081    36746   +3335
NZドル      252     2390   ▲2138
豪ドル     ▲71117  ▲63183  ▲7934

円は売り、ユーロは買い、オセアニア通貨は売りの方向でポジションは動いています。

ドルを買うのか売るのか。
方向性は分かりにくくなっています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(8/27時点)"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認(8/30時点)

GcexeJ-REIT指数は、先週の1312.72から1299.64と1%ほど低下。
節目の1300を切り、頑強と思われた200日移動平均線も割り込みました。
悲壮感は無いものの、だらだらとした弱気ムードが支配的です。

現在の加重平均利回りは4.15%。
最大時価総額のNBFは3.1%で、5%を越える銘柄も8つ。
預金金利が実質ゼロの世界では、そう悪くは無いイールドです。

にも関わらず、積極的に買いに行く気は起こりません。

Continue reading "J-REIT指数の確認(8/30時点)"

| | Comments (0)

August 30, 2013

5分で分かりにくいシリアの歴史

シリアの歴史を調べだすと、

「この地域は世界的にも歴史の古い土地であり、古代オリエント時代においてもメソポタミア、アッシリア、バビロニア、さらにギリシア・ローマ、ビザンチン帝国と支配者がめまぐるしく変わり、今のようにイスラム世界に入ってからも、ウマイヤ朝、アッバース朝、セルジューク朝などの各王朝から、モンゴル人のイル汗国、オスマン帝国と支配者は変わった」

という表現にぶつかって、この地域の複雑さを実感させられます。

そもそも「シリア」の語源や、その地域も曖昧。
より広範囲を指す「歴史的シリア」「大シリア」などという表現が今あるのも、国家としての”小”シリアが後から出来たからで、シリア人という概念を探そうとしても、余り意味は無さそうです。

Continue reading "5分で分かりにくいシリアの歴史"

| | Comments (4)

August 29, 2013

ワンタイムパスワードに変えた

Otp_img001左図はJNB(ジャパンネットバンク)の調べですが、ネットバンキングにおける事故は増える傾向にあります。

最近では、パスワードを盗み取るための偽サイトを表示するウィルスが増え、ログイン画面の前に必ず警告サイトを経由するようになっている銀行もあります。

多くの人は、同じパスワードを使いまわしていますから、セキュリティの低いサイトから金融機関用パスワードが盗まれてしまう可能性もあります。

Continue reading "ワンタイムパスワードに変えた"

| | Comments (0)

August 26, 2013

コメの嘘と真実 

「コメの嘘と真実 新規就農者が見た、とんでもない世界!」の著者は、新宿の不動産会社社員の近正氏(今は社長になったようです)。

ある日、当時の社長から、

「米を作れ!」
「なぜ私が?」
「君は新潟出身だろう」

家業の農家を継ぎたくなくて東京で働いていた著者は、新潟に戻って農業を始める羽目に。

Continue reading "コメの嘘と真実 "

| | Comments (0)

August 25, 2013

ラリー・サマーズは、いやな奴

Img_eb64e6f0d28a0fe51bc5bb7c08ac822アイルランドのブックメーカー、パディパワーによれば、FRB次期議長レースでは現在、ラリー・サマーズ元米財務長官(58歳)がイエレンFRB副議長をリードしています。

ローレンス・ヘンリー・サマーズに関して、最もよく知られている比喩は、「サマーズに謙そんを求めるのは、マドンナに貞操を期待するようなもの」。

もう一つ有名なエピソードは、2005年ハーバード大学学長時代の発言で、「女性が統計的に数学と科学の最高レベルでの研究に対して、適性が低いかも知れない」との発言。

Continue reading "ラリー・サマーズは、いやな奴"

| | Comments (0)

August 24, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(8/20時点)

       (8月20日) (8月13日)(増減)
カナダドル  ▲9544   ▲9081 ▲463
スイスフラン  291     2136  ▲1845
ポンド    ▲39522  ▲46521 +6999 
円      ▲71721  ▲74462 +2741
ユーロ    36746    16057 +20689
NZドル    2390     197  +2193
豪ドル   ▲63183   ▲62721 ▲462

欧州通貨に強気が増え、ユーロロングの増加とポンドショートの減少が目立っています。
ドイツ経済は堅調であり、イギリスでは、ロンドンの住宅価格が前年比10%上昇といった記事を見かけます。

NZドルは買い、豪ドルは売り。
足下では豪ドルが反発しているものの、キウイはオージーの75%というイメージは、85%に変わりました。
経済規模は10倍違います。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(8/20時点)"

| | Comments (0)

August 23, 2013

J-REIT指数の確認(8/23時点)

Gcexe今週は、1345.8→1312.72と、2.5%安。

ぎりぎり200日移動平均線を維持しているようですが、この低い位置で3%近く下がると、嫌気して売りたくなる人が増えるかもしれません。

日本だけでは無く、グローバルに見ても、不動産・リート市場は苦戦しています。
理由は言うまでもなく、金利の上昇です。

Continue reading "J-REIT指数の確認(8/23時点)"

| | Comments (0)

August 22, 2013

円安株安

東京株式市場では、小型株など個人の売りが嵩んでいる印象。
J-REITも多分、個人の売りで下げました。
一方ドル円は堅調で、ドルを安くは売ってくれないムードです。

ドル円が底堅いのは、やはり日米金利差の拡大。

長期金利の差は、3ヶ月前の5月下旬には1.1%前後。(日本0.9、米2.0)
現在では2.1%。(日本0.8、米2.9)

Correlation_usdjpy2年もの金利では、左のとおり。
勢いだけで円安が進んでいた5月と違い、今の水準は金利差で説明出来るようになっています。

Continue reading "円安株安"

| | Comments (0)

薄熙来の公判始まる

M82649収賄と横領、職権乱用の罪に問われた元重慶市共産党委員会書記(元党中央政治局員)の薄熙来被告(64)の初公判が今日、山東省済南市中級人民法院(地裁)で開かれました。

起訴状によると、収賄と横領の総額は約2680万元(約4億3千万円)。

また妻、谷開来受刑者(54)の英国人殺害事件などをめぐって職権乱用があったとのことです。

大紀元日本は、
「起訴状に息子の瓜瓜氏(赤い囲みの部分)が収賄にかかわったとの内容が記載されているのは予想外。
薄被告が罪を認めれば、息子の起訴が免れられるとの裏取引が指導部と薄被告の間にあったと噂されていたが、瓜瓜氏の収賄関与が起訴状に盛られたことで、薄被告が起訴内容の一部を否定する態度に転じるなど予想外の展開を見せている」
と報道しています。

Continue reading "薄熙来の公判始まる"

| | Comments (0)

August 21, 2013

オーストラリア総選挙が近い

Images_2当初9月14日の予定が前倒しされて、9月7日(土)が豪州総選挙。

比較的簡単に政党を作れる豪州では、シドニーからメルボルンまでの開通を求める「オーストラリアに新幹線を党」、安楽死や同性婚の合法化を目指す「セックス党」、生きた家畜の輸出禁止などを訴える「動物正義党」、「水飲み場にコーラを党」など、泡沫政党も多数です。

現在の与党は労働党。
党首(首相)は、政権に付いているこの6年あまりで、ラッド→ギラード→ラッドと交代しています。

女性のギラード氏は、震災後間もなくの2011年4月21日、被災地である宮城県南三陸町を視察したことが記憶に残っています。

Continue reading "オーストラリア総選挙が近い"

| | Comments (0)

August 20, 2013

本格化して来た債務回避

Z_2新興国株式からは手を引いた方が良いと大分前から言われていましたが、ASEANの中でもインドネシア株の下げが際立っています。

インドネシアと言えば、人口2億3000万人の内需大国で将来有望。
若年人口も多く、「インドネシアの人口ボーナスは中国、タイ、ベトナムよりも長く遅くまで続く」という分析も目にします。

反面、輸出が減少すると、貿易赤字→経常赤字→通貨安→インフレ→金利上昇→景気低迷、という悪循環に陥りやすいというイメージもあります。

先日、発表された第2四半期の経常収支は、アジア通貨危機以来最大の98億ドルでした。

Continue reading "本格化して来た債務回避"

| | Comments (2)

August 19, 2013

米国長期金利の確認

Z5月に1.6%だった米長期金利。
現在では2.8%を越えました。

途中、バーナンキのハト派発言解釈もあって若干の調整を見せたものの、基本は1本調子の右肩上がり。
市場心理は、債券買い取りプログラムの早期縮小を織り込む動きを止めません。

日米長期金利を比較すると、0.75%と2.8%。
インフレ率は0%と2%。
日米2%差の法則は維持されています。

Continue reading "米国長期金利の確認"

| | Comments (0)

August 18, 2013

3分でわかるエジプト史

Sufinkusエジプトの語源はギリシャ語で「Aigyptos(アイギュプトス)」。
これはホメロス(BC8世紀)などの古い用例でナイル川を表しています。

「エジプトはナイルの賜物」と、著書「歴史」に書いたのは、古代ギリシアの歴史家ヘロドトス(BC5世紀)。

ギリシャ人に賞賛された古代エジプト文明は、BC30年、ローマに征服されますが、東ローマ帝国の弱体化(7世紀頃)により、徐々にイスラム圏の影響下に入ることになり、16世紀にはオスマン帝国の傘下となります。

その後は軍事力を強めた欧州列強のターゲットとなりますが、1799年ナポレオンがエジプトに遠征したことでフランスの影響力が強化。(この時発見されたのが大英博物館にあるロゼッタストーン)
1869年にはフランスのレセップスを中心にスエズ運河が開通されます。

Continue reading "3分でわかるエジプト史"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(8/13時点)

       (8月13日) (8月6日)(増減)
カナダドル  ▲9081  ▲10436 +1355
スイスフラン  2136    ▲325 +2461
ポンド    ▲46521  ▲46033 ▲488
円      ▲74462  ▲80213 +5751
ユーロ    16057    6061  +9996
NZドル    197    ▲1539 +1736
豪ドル   ▲62721  ▲76779 +14058

全体に、これまでのドル買いの巻き戻しが優勢で、オセアニア通貨もプラス。
豪ドルは、長期的には歴史的調整の余地が残るものの、短期的には売られ過ぎの反動に分があるかもしれません。

中東情勢の悪化も懸念される中で、為替市場もポジション縮小に動きやすい展開のように感じられます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(8/13時点)"

| | Comments (0)

August 16, 2013

J-REIT指数の確認(8/16時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は、1346.55→1345.80。
僅かに下げました。

日本の長期金利は、13日に0.73%と直近の最低を記録したものの、米国長期金利は昨日2.76%と逆に上方へブレイク。

エジプト情勢の悪化等による不安心理もあり、じっくりとリスク資産を保有し続けるのに適した地合いとは言えなくなっています。

Continue reading "J-REIT指数の確認(8/16時点)"

| | Comments (0)

August 13, 2013

北海道は観光客が多かった

今週は帰省先や旅行先からアクセス頂いてる方も多いかもしれませんが、私はここ3年間、夏に北海道に行くのが恒例となり、8/4~8/8まで道央周辺を回ってきました。
北海道の観光客は増えています。

Nisekoニセコの野菜ブッフェレストラン「プラティーヴォ」は、日曜の昼過ぎに到着したら1時間半待ち。
札幌ビール園のジンギスカンホールは、平日夜でも、予約無しだと2時間待ち。
キリンビヤホールに行列が出来ている「異常事態」を見て慌てて電話したので、何とか1時間程度で済みました。

昨年一昨年の同時期よりも、全体に2割くらいは人が多いかなという印象です。

Continue reading "北海道は観光客が多かった"

| | Comments (0)

August 11, 2013

為替以外、何も変わっていない

Photo政権交代が確実視されるようになった、昨年11月以降のドル円と日経平均の相関グラフを作ってみました。
特段の「操作」はしていませんが、結果は一目瞭然です。

円安の主力エンジンは欧州危機の一服と米金利上昇であり、アベノミクスは脇役だと考えられますが、いずれにせよ行き過ぎた円高が修正されたことで株価は上昇しました。

逆に言えば、為替以外に日本株を買う理由はない、ということが出来ます。

Continue reading "為替以外、何も変わっていない"

| | Comments (0)

イスラム飲酒紀行

416bozioajl_aa278_pikin4bottomrightアルコールが禁止されているイスラム諸国。
しかし、何でも裏があるのが人間社会。

飲んべえ精神がディープな世界を切り開いて行くドタバタ劇を描いたのが、早稲田大学探検部出身で「辺境作家」高野秀行氏の「イスラム飲酒紀行」です。

Continue reading "イスラム飲酒紀行"

| | Comments (0)

August 10, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(8/6時点)

       (8月6日) (7月30日) (増減)
カナダドル  ▲10436  ▲11434  +998
スイスフラン  ▲325   ▲1261  +936
ポンド    ▲46033  ▲49463  +3430
円       ▲80213  ▲82135 +1922
ユーロ     6061   ▲8504  +14565
NZドル    ▲1539   ▲520  ▲1019
豪ドル    ▲76779  ▲72573 ▲4206

オセアニア通貨以外はドル売りの方向性で動きました。
8/6以降もドル円で円高が進み、早期の100円台回復は難しくなったというムードが支配的です。
豪ドルも、ドル安の流れの支援を受けて反発中です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(8/6時点)"

| | Comments (0)

August 09, 2013

J-REIT指数の確認(8/9時点)

Gcexe相変わらず動きの少ないJ-REIT。

緑色の線は200日移動平均線ですが、ゆったりとした右肩上がりの曲線。
日経平均が1日で600円近く下がるような日があっても、安定して底堅いという見方も出来るでしょうか。

Continue reading "J-REIT指数の確認(8/9時点)"

| | Comments (0)

戦艦「いずも」建造の背景

Obyl500_izumo_d_201308062021478月6日、海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が横浜港で進水しました。

排水量約1万9500トン、全長248メートル、横幅38メートルで、建造費は約1200億円。
横須賀にいる米空母ジョージ・ワシントンが全長333mなので、長さでは4分の3の規模です。
航空母艦のようなフラットな甲板が特徴で、「ヘリ空母」とも呼ばれています。

海外メディアでは、「Japan's biggest warship since World War II」と紹介されています。

自衛隊は自ら交戦しないことになっているので、戦艦は護衛艦と呼ばれ、横須賀基地は組織上「第一護衛隊群」となっています。

Continue reading "戦艦「いずも」建造の背景"

| | Comments (0)

米雇用統計の正しい数値

FX投資の広がりにもより、毎月第一金曜日に発表される米雇用統計は、一般にも注目されるようになりました。

これは速報値ですから、後日頻繁に訂正されます。

市場で特に重視される非農業部門就業者(nonfarm payroll employment)増加数も遡って改訂されますが、多くのサイトでは正確に訂正されていません。

最新の値は、米国の労働省労働統計局のサイトに取りに行く必要があります。
直近3ヶ月分であれば、 ここです。

Continue reading "米雇用統計の正しい数値"

| | Comments (0)

August 03, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(7/30時点)

        (7月30日) (7月23日) (増減)
カナダドル   ▲11434   ▲16758 +5324
スイスフラン  ▲1261    ▲5433  +4172
ポンド      ▲49463   ▲49653 +190 
円        ▲82135  ▲87496 +5361
ユーロ     ▲8504   ▲27900 +19396
NZドル     ▲520    ▲1846 +1326
豪ドル     ▲72573  ▲63982 ▲8591

豪ドルだけ、増減がマイナス。
全般にドル買いポジションの修正が入る中で、豪ドルの弱さが際立つ状況になっています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/30時点)"

| | Comments (0)

August 02, 2013

J-REIT指数の確認(8/2時点)

Gcexe昨日はリートの上昇が目立ちましたが、その前に相当程度下がっていたので、結局今週は1372→1357と1%の下げ。
依然として凪が続いています。

全REIT平均予想利回りは3.95%。
レンジは、2.8%~5.5%。
長期金利は0.8%。

トップクラスのリートに対して2%のプレミアムを要求するというのが、どうやら市場のコンセンサスのようです。

Continue reading "J-REIT指数の確認(8/2時点)"

| | Comments (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »