« 緩和というポピュリズム | Main | 明日はドイツ総選挙 »

September 20, 2013

J-REIT指数の確認(9/20時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は+1.6%。

先週7%も上がった後なので上昇率は鈍化しましたが、金利低下が後押し。
日本の長期金利は0.69%と、0.7%を切っています。

オリンピックの次には緩和継続。

不動産には追い風が吹いており、今日の日経紙面では、二人の識者が「湾岸エリアは2020年までに3~4割上昇」と口を揃えて煽っていました。

私は天の邪鬼なので、売り時を探しています。

Reit8月分のデータが開示されたので、大雑把な部門別売買動向を見ておきます。

相変わらず個人が売っていますが、その額は100億円以下と今年最低。
海外が200億円以上と大きく売っていますが、短期の売り圧力低下はむしろ好ましいかもしれません。
投信がコンスタントに買い、金融機関も8月は買い越し。

いつも売る部門から、これ以上大量の売りは出にくい状況にも見え、需給は改善の傾向にありそうです。

但し、企業が積極的に国内投資することが期待できるかというと微妙です。


|

« 緩和というポピュリズム | Main | 明日はドイツ総選挙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 緩和というポピュリズム | Main | 明日はドイツ総選挙 »