« J-REIT指数の確認(9/13時点) | Main | 今週のFOMCについて »

September 15, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(9/10時点)

        (9月10日) (9月3日) (増減)
カナダドル  ▲30942  ▲34639  +3697
スイスフラン   420    1059   ▲649
ポンド     ▲38166  ▲43046  +4880 
円       ▲95066  ▲79761 ▲15305
ユーロ     12696    22738  ▲10042
NZドル    ▲601    ▲797   +196
豪ドル    ▲60032   ▲71506 +11474

五輪が決まれば株高円安という短絡的思考なのか、円ショートが大幅増加。
豪ドルは売られ過ぎの巻き戻しが起こっています。

大量の円売りポジションが維持されるには、この先もドル高材料が必要です。

報道に依ればサマーズ優勢のようですが、もし覆ると相当の巻き戻しが懸念されます。
ちなみにブックメーカーではサマーズが断トツ人気で、配当0.16倍、イエレンは3倍です。

M2Jのサイトで、長期のCFTCポジションが見られるようになりました。

Cftcこれを見ると、2007年の円キャリー全盛時代の凄さが分かります。
ピークでは、今の倍レベル。

当時は私も時流に乗って、1億円くらい円を売り建てていました。

1日で100万円以上の含み益増加もザラでしたが、調子に乗ったポジショニングは損も大きく、FXで唯一マイナスなのが、この2007年です。

|

« J-REIT指数の確認(9/13時点) | Main | 今週のFOMCについて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(9/13時点) | Main | 今週のFOMCについて »