« J-REIT指数の確認(10/25時点) | Main | 米国の労働参加率が低下傾向 »

October 26, 2013

シカゴ筋ポジションの確認(10/1時点)

        (10月1日) (9月24日)
カナダドル   ▲955    ▲5675
スイスフラン   6636      5745
ポンド       1496     1174
円        ▲82324   ▲92818
ユーロ      68276     65844
NZドル     10891     8055
豪ドル     ▲28804    ▲34819

4週間振りに公表が再開されましたが、まだ10/1時点のみ。
一体いつ、追いつくのでしょうか。

Dxy_3

為替市場では早期のテーパリング観測が遠のき、ドルインデックスは年初来安値付近。
ドルインデックスは57.6%がユーロで構成されていますから、当然ユーロドルは上昇しています。

Correlation_eurusd_2

但し、これまで強い相関性があった独・米の金利差からは乖離してきているので、イエレンはハト派であることを織り込みすぎているのかもしれません。

ドルの金利低下はアメリカ株にはフォローですが、ドル円の弱含みによって日本株にはアゲインスト。
今のところ97円は支持線のようですが、中国経済への懸念もあって、日本株は一旦逃げの姿勢が優勢になりやすい環境のようです。

個人的には、何かと忙しいこともあって、ほとんど動いていません。
結局今年の東証は、5月前半までが勝負どころだったということでしょう。

|

« J-REIT指数の確認(10/25時点) | Main | 米国の労働参加率が低下傾向 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(10/25時点) | Main | 米国の労働参加率が低下傾向 »