« J-REIT指数の確認(10/4時点) | Main | J-REIT指数の確認(10/11時点) »

October 05, 2013

世界の商業地の比較

PhotoWSJが、香港の商業地のレントフィーに関する記事の中で、世界主要都市と比較するグラフを載せていますが、東京は世界の田舎(?)シドニーにさえ負けて最下位です。

東京は、スクエアフィートあたり年間864$(約84000円)。
日本流に月坪に換算すると、25万円。

CBREの銀座の路面店舗賃料相場(2013年)によると、銀座中央通りに面した1階店舗で最高23万円表示となっていますから、概ね合っています。

ロンドン34万円、パリ36万円はともかく、NY90万円、香港128万円と比べると、東京は「激安」ということになります。

商業地の価格は、その収益力を反映しているはずです。
国内購買力=GDP、海外購買力=観光客の買い物とするなら、ここまで差があるのは海外購買力、即ち観光客が落とす金額の差と、グローバルな広告効果の違いと言うことになりそうです。

各国別の観光客数ランキングは、下記の通りです。(データ出所:World Tourism Organization 2012)

Photo

逆に言うと、東京は大化けするポテンシャルがあります。

|

« J-REIT指数の確認(10/4時点) | Main | J-REIT指数の確認(10/11時点) »

Comments

去年あたりから外国人観客多く感じますね、今年は中国からの伸び足が悪い中、年1000万人に届くペースだそうです。
日本の観光力?の実力は実は相当あるのかなと思います。AKAZUKINさんの言うとおり不動産魅力あると思います。孫さんみたいにビル買えればいいんですけど(笑)貧乏人の私はリートを考えてます。

Posted by: いお | October 05, 2013 10:37 PM

日本の観光資源は無尽蔵と言って良いくらい多く、加えて食の充実、効率的な交通システム、温泉、豊富なお土産、おもてなしの心、サブカルチャーなど、総合力でアジアNO1です。

LCCの普及、近隣アジアの経済発展、円安が追い風。

欠けているのは、安宿(ゲストハウス)、両替所、英語のサインと話す勇気といったところですが、これらは短期間で解決可能です。

Posted by: akazukin | October 05, 2013 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(10/4時点) | Main | J-REIT指数の確認(10/11時点) »