« ポンドが強い | Main | 経常収支と株価から見るバブル度 »

December 02, 2013

ASEAN株価の確認

ASEANの株式相場は、今年後半になって明暗が分かれました。
Asean
過去1年のチャートを見ると、5月までは大きな差がありませんでしたが、その後は去年の劣等生(?)ベトナムのぶっちぎり。

2番手は優等生のマレーシア。
一人当たりGDPが1万ドルを超え、安定感は断トツです。

3位グループはタイとフィリピン。
タイは黄色と赤の対立が再燃、フィリピンは自然災害があり、直近で少し凹んだ部分が見られます。

昨年は抜群のパフォーマンスを見せたフィリピンでしたが、5月以降に新興国から先進国へ資金シフトが起こると、さすがに下落しました。

酷いのはインドネシア。
大きく最下位。

どうしてここまで差が付いてしまうのか。

Asean_2各国の経常収支の推移です。

インドネシアが抜きんでて悪い状態。
自力で稼げていない国からは、真っ先に資金が逃げ出すのが相場の法則ということでしょうか。

こうした国は良くなる時も早いのでしょうが、ドルがそこそこ強く、先進国の株価が元気であれば、わざわざフロンティアで冒険する必要はありません。

但し、その先進国の株も通貨も、一部で割高感が目立つようにもなっています。

|

« ポンドが強い | Main | 経常収支と株価から見るバブル度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ポンドが強い | Main | 経常収支と株価から見るバブル度 »