« J-REIT指数の確認(12/13時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(12/10時点) »

December 14, 2013

自動車株の明暗が鮮明

Car 11月に入って円安が進み、ドル円は98円から103円台。

このプロセスの中で、自動車株の明暗が分かれています。

円安株高の流れにそのまま乗っているのが、マツダ(7267)。
国内生産比率が70%と円高に弱い体質は、今や大逆転。
燃費の良いSKYACTIV搭載車の販売も好調で、株価は年初来で3倍、「マツダ地獄」という言葉は死語となりました。

トヨタ(7203)は11月以降、上がらなくなりました。
円高対策を推し進めてきたトヨタは、もはや円安だけでは買い材料にならない。
買いたいファンドは皆買ってしまった。個人が好んで買う銘柄では無い。
ROEが伸びないから外人に不人気。

色々言われています。

もっと冴えないのは日産(7201)。
Photo
ほとんどが増収増益の中間決算で、営業利益が▲8%。
突然の役員交代もあり、社内の不協和音を強く感じさせました。

落ちぶれた日産を華麗に復活させたゴーンも、EVに拘り過ぎて失敗。
一流経営者が、どういった身の処し方をするのかが注目されます。

なお、ホンダ(7267)、富士重工(7270)、スズキ(7269)のチャート(6ヶ月)は、以下の通りで概ね好調。
Z
北米で売れまくる富士重工は、日経平均を上回るパフォーマンスで、こちらも年初来で株価3倍です。

|

« J-REIT指数の確認(12/13時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(12/10時点) »

Comments

車好きだけど車株を敬遠ぎみの私からみて変な納得感があります。

インプレッサ、アクセラ、ベリーサ、GOLF、Audi-A1 、辺りが好きですが、販売会社好調のようで?嬉しい限りです。

かっこよく、美しく、運転が楽しい、コンパクトカー好きな私みたいな人間を上手に魅惑する車を会社は作って頂いてこっそり金儲けして欲しいです(笑)

Posted by: ブルー | December 14, 2013 at 04:16 PM

コンパクト&ハイクオリティが現代のキーワード。
私はBMWの5と3を乗ってきましたが、今買うとしたら、ゴルフが最有力候補でしょうね。
今年、日本カーオブザイヤーにドイツ車を選ばざるを得なかったのは、結構衝撃でした。

Posted by: akazukin | December 14, 2013 at 05:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(12/13時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(12/10時点) »