« 三菱自動車の公募価格が決定 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(1/21時点) »

January 24, 2014

J-REIT指数の確認(1/24時点)

Gcexe
今週のJ-REIT指数は、1507→1486と1.4%ほど下落しましたが、TOPIXのマイナス2.5%よりは軽微。

J-REITの大敵は金利上昇なので、今週程度の株安債券高であれば、売り圧力を金利安が緩和するので、大きく売り込まれることはないという理屈でしょうか。

Photoグラフは、オフィスビルファンドの雄「JRE(8952)」と、そのスポンサーである「三菱地所(8802)」の6ヶ月チャート。
昨年11月以降、何たってリートよりもデベの方が成長するさ、と言っていましたが、結局は同じ位置に戻ってきました。

なお、相場は東京時間終了後も、大きく荒れています。

中国のHSBC製造業購買担当者指数が予想外に悪かったことから新興国への不安が再燃し、外貨準備の脆弱な中南米通貨が暴落し、その他の市場にもリスクオフの波が波及した、という説明になっていますが、やはり傾きすぎたポジションを皆が懸念していたことが背景にあります。

相場は退屈さに飽きてきていたので、内心「もっと燃えろ」「ようやく目が覚めた」と思っている投資家が多いように見えます。
あそこも危ない、いやあっちはもっと危ない、と言い出す人が増えるでしょう。

中国本土にまで延焼したら本当の大火事になりそうですが、今はまだ、NY消防署の仕事ぶりを良く見極めようという段階かと思われます。

|

« 三菱自動車の公募価格が決定 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(1/21時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 三菱自動車の公募価格が決定 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(1/21時点) »