« 「活字離れ」の実態 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(2/25)時点 »

February 28, 2014

J-REIT指数の確認(2/28時点)

Gcexe今週は、1493→1505と0.8%上昇。
ちょうど月末ですので、月足で見ておきたいと思います。

長い目で見れば、数ヶ月間1500から殆ど動かず。
見事に安定しています。

今週26日には、ケネディクス・レジデンシャル投資法人が1月決算を上方修正し、6100円→6750円。
仮にこの数字で巡航するなら、現在の利回りは6.0%。
スポンサークレジットが大手より劣るとは言え、これは立派なものです。

日銀は、1月に21億円、2月に18億円(いずれも1回3億円)購入。
チマチマと役人根性で買っても意味がないので、こんなものは止めた方がマシ。
いずれドカンと危機が来た時に纏めて登場する方が、ずっと格好良いし、世の中の役に立つとしたものです。

安定、高利回り、公的機関の買い。

これだけ条件が揃っても全力で買う気にはならないのは、日本の財政が悪すぎるからに他なりません。

長期金利との300bspのリスクプレミアムが縮小しないのは、米国リートに比べてサイズが小さいからだと説明されて来ましたが、恐らくは金利急上昇のシナリオを否定出来ないと投資家が感じているからだと私は思います。

|

« 「活字離れ」の実態 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(2/25)時点 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「活字離れ」の実態 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(2/25)時点 »