« アキュセラ・インクが上場 | Main | 三菱商事の2000円の壁 »

February 18, 2014

中身のない上昇という感じ

今日(2/18)の日経平均は+450円と大幅高。

「日銀の成長資金融資倍増がサプライズとなり、株高そして円安へと波及した」
と解説するよりないんでしょうが、違和感たっぷりの過剰反応。

「貸出増加額の2倍を4年間0.1%固定で貸してくれる」ということは、とにかく貸せば貸すだけオマケが付いてくるので、モラルハザードを助長しているような響きさえ感じられます。

この上昇でまた大きく下げやすくなったとすれば、中長期の個人投資家にとってはノイズでしょう。

はしゃぎすぎる姿はみっともないもの。

日本株は、中長期の上昇期待が薄くなったので、毎日のボラティリティを高くすることでトレーダーを引き留めようとしているように見えます。

無論それは、投資家が日本に期待するものが変化していることの反映です。

|

« アキュセラ・インクが上場 | Main | 三菱商事の2000円の壁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アキュセラ・インクが上場 | Main | 三菱商事の2000円の壁 »