« 短期リバウンド相場となるか | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/4)時点 »

March 07, 2014

J-REIT指数の確認(3/7時点)

Gcexe今週は、1505→1496と若干の下落。
ドル円が102円とすれば、J-REITは指数1500執着相場の様相でしょうか。

今週はPOのローンチが3つ。
オリックス、大和ハウスリート、NBF。

発行口数ベースでの希薄化率は、それぞれ16%、20%、2%。
ローンチ日と今日の投資口価格を比べてみると、それぞれ▲0.5%、▲0.4%、+0.7%。
J-REIT指数自体が少し下がっていますから、どれもPOの影響なしです。

まあ今時、POで暴落させる芸の無い運用会社は、「野村」くらいしか残っていないと考えて大丈夫そうです。

三鬼商事が6日に公表した2月末時点の東京都心5区オフィス空室率は、前月末比 0.17ポイント低下し7.01%。
改善は8カ月連続で、2009年5月(6.96%)以来、4年9カ月ぶりの低水準。
同じ地区のオフィス平均賃料は、坪あたり1万6250円と前月より0.05%(8円)上昇。

フリーレントどのくらい付けているのか分かりませんが、相変わらずの「空室率底打ち、賃料上がらず」ですから、材料にはなりません。

5日には、グーグル・キャピタルが、米最大のオンライン不動産オークション企業、オークション・ドット・コムに5000万ドル(約51億円)出資するというニュースが出ています。

グーグル・キャピタルは、グーグル・ベンチャーズよりは、既に成長ステージに入っている企業に金を出そうという目的で、既に「Survey Monkey(Web上でのアンケート支援業務)」、「 Lending Club(パーソナルローンサービス)」、「Renaissance Learning(教育関連事業)」の3社に出資しているようです。

日本の不動産仲介サービスは、そもそもダブルエージェント的な怪しさが残っており、情報の非対称性で食っているオールドな部分がアリアリなので、かなり改善の余地があるかもしれません。

そもそも、近代化センターが存在するのは、不動産とタクシー業界くらいと言われていましたが、調べてみると、タクシー近代化センターは、既に名称から「近代化」が消えていました。

両方、国交省の所管ですから、タクシーよりも更に近代化が遅れているという行政の評価になっているのでしょう。

最近タクシーは、スマホで呼べますからね。

|

« 短期リバウンド相場となるか | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/4)時点 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 短期リバウンド相場となるか | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/4)時点 »