« プーチンのシナリオの検証 | Main | J-REIT指数の確認(3/7時点) »

March 06, 2014

短期リバウンド相場となるか

本日(3/6)の日経平均は、+237円と大幅上昇。

ここ1ヶ月ほど、大幅上昇は次の大幅下落の準備、という印象が強かったのですが、ミニ新興国ショック相場から1ヶ月あまりが過ぎ、少し空気が変わって来た気もします。

株価は為替次第。
これまで固定相場(?)かと思うほど102円に執着していたドル円。

Longchartusdjpy1dウクライナショックでも101円を割れなかったことで下値が底堅いことが確認され、それならばと、上をトライしています。

明日の雇用統計の結果によっては、相場の風景が一変してしまう可能性もありますが、3月は配当取りやドレッシング買いもあるので、日本株は比較的強いというアノマリーもあります。

なお、今年になって木曜日の日経平均は8連敗していて初の1勝ということで、まあ情けない話ではあるものの、ようやく気分が変わるのではと期待している人は、少なからずいらっしゃるようです。

|

« プーチンのシナリオの検証 | Main | J-REIT指数の確認(3/7時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« プーチンのシナリオの検証 | Main | J-REIT指数の確認(3/7時点) »