« アベノミクスの総括 | Main | 書評「オールイン」 »

April 05, 2014

J-REIT指数の確認(4/4時点)

今週のJ-REIT指数は、1467→1471と僅かに上昇。
長期金利も0.6%前後で安定し、動く材料に乏しいといった状況かと思われます。

昨日4/4金曜日、「星野リゾート・リート投資法人」がローンチ。(改めて見ると、この名前はウザイ)

現在の20250口に対し、新規に23100口(OA含む)発行し、調達予定額は153億円。

取得資産は、「星のや京都」、「界 阿蘇」および「界 川治」の星野系3施設で44億円。
「チサンイン」シリーズが21施設で140億円。

これで既存分と合わせて全体の取得価格ベースでは、334億円の内42%が「チサンイン」になります。

オイオイ何だよこれ、チサンイン投資法人にするつもりかよ、という文句の一つも聞こえてきそうなので、H26/10期予想分配金は、13552円から15585円へと15%アップにして怒りを宥めようということのようです。

ちなみに「地産」はバブル期に仕手グループ光進の資金源となるなど派手な財テクに走り、2002年に破綻しましたが、その時登場したのが「ローンスター」。

ローンスターは地産のホテル群を、子会社の「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ社」に集約。
別途買収したロワジールホテルなどと一緒に所有しています。

なお運用会社の星野リゾート・アセットマネジメント社は、同日付で社内規程である運用ガイドラインに関し、

「特に、星野リゾートグループが運営するホテル、旅館及び付帯施設に重点的に投資を行い」の部分を
「星野リゾートグループ以外のオペレータが運営する物件についても積極的な投資を行う」

に改正する等を公表しています。

今回の取得により、もはや「星野が重点的」では無くなったと理解するなら、物件取得と同時発表では無く、この運用ガイドライン変更だけ先行してリリースするのが筋でした。

ちなみにソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ社は、チサンインをあと10、チサンホテルを8、チサンリゾートを3、チサングランドを4施設くらい持っているはずなので、これらについても交渉がされていると考えるのが自然でしょう。

|

« アベノミクスの総括 | Main | 書評「オールイン」 »

Comments

しょせん外資ディストレスファンドのゴミ箱なんですね。ちと悲し。しがらみが色々あってGSとか外資レンダーに何も言えない運用会社なんだろうな、多分。

Posted by: adad | April 08, 2014 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アベノミクスの総括 | Main | 書評「オールイン」 »