« メガバンクは苦しい | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/13)時点) »

May 16, 2014

J-REIT指数の確認(5/16時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は、1503→1519と、1%上昇。

先週は金曜日の終わりにピョコンと1500に乗っただけの感じでしたが、今週は終値ベースで連日1500を維持。

理由は、何と言っても世界的な低金利傾向で、あのスペイン国債が2.98%と、アメリカと大差なし。
債券バブルとでもいった状況が、利回り商品であるREITに追い風になっているのは明らかだと思われます。

米国長期金利は、この半年間の壁であった2.6%を割って、2.5%にまで低下。
債券のショートカヴァーを誘ってブレイクしています。

NBCの報道によると、今年になっての住宅の一次取得で、全額キャッシュによる購入が増えています。

Nbc全体では43%が全額キャッシュ。
写真のように、人気都市では、より高い数字になっています。

本来一次取得者はローンを組むのが普通ですが、売り手市場のため、売り主がキャッシュオンリーの買い手を指定し、一般的な一次取得者が弾き出されてしまう現象が発生しているようです。

最近の住宅関連指数には低調なものが多く、昨日も5月の全米住宅建設業者協会(NAHB)指数が45と、1年ぶりの低水準。

長期金利低下は、一次取得者への市場からのギフトですが、逆に言うと、今の住宅市場は高金利に耐えられるほど強くないと投資家が判断しているということになりそうです。

|

« メガバンクは苦しい | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/13)時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« メガバンクは苦しい | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/13)時点) »